『ヒト』を最適化しよう。

睡眠中の寝汗はその量と質に注意!汗をかくのは当たり前です。

寝汗をかく理由

寝汗をかく原因はいくつかあります。

 

  • 単純に暑い
  • 風邪等をひいている
  • 自律神経が乱れている

 

人が汗をかくのには何らかの理由がありますので、寝汗を改善するためにはまず原因がなにかを特定する必要があります。

 

快眠に最適な環境とは

まずは単純な温度の話ですが、

 

  • 部屋の温度は『25~26度』
  • 布団の中の環境は『33±1度、湿度50%程度』
  • 皮膚体温を上げ、深部体温を下げる

 

という状況を意識する必要があります。ですから、まずこれらの状況が揃っていないようであれば、これを揃えるようにしましょう。また、部屋の室温、寝床内環境に関しては下記の記事に詳しく書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

寝具を最適化して頭痛・腰痛・肩こり・寝違えを予防!寝床内環境と室温も同時に最適化しよう!

 

寝汗をかくということは往々にしてその『25~26度』よりも高い室温があるか、あるいは寝床内環境(布団の中の環境)が『33±1度、湿度50%程度』以上であるという可能性があります。例えば、

 

  • 夏場なのに暖かい羽毛布団を使って寝ている
  • 梅雨なのに暖かい羽毛布団を使って寝ている

 

ということであれば、暑いし、蒸し暑いし、寝汗が出てしまうでしょう。まずは単純にそのような環境を作ってしまっていないか考えましょう。

 

頭寒足寒が効果的?

また、『疲れが確実にとれる「眠り方」のコツ』にはこうあります。

寝苦しい夜は頭と足を冷やせ

エアコンを上手に活用したり、吸湿性や放湿性にすぐれたパジャマを着たりと、真夏の夜の暑さ対策をいくつか紹介してきたが、これらと合わせて試してみたいのが、頭と足を冷やすことである。『頭寒足熱』という言葉があるが、これはその名の通り、頭を冷やし、足を温める健康法。自律神経の働きを調整する役割があるとされるが、実は頭を冷やす行為は快眠につながる。

 

もし暑くて寝苦しい場合は、

 

 

の両方を冷やすと効果的だと言います。頭は体の中で最も体温が高く、枕に密着している首筋には動脈が通っていて血管が集中しています。熱は血液を通して運ばれるため、そのような部分は熱を持って熱くなってしまう傾向があるのです。ですから、もし通気性や放熱性のよい素材の枕を使っても、真夏のような夜にはさすがに体温が上がってしまいます。更に、高温・多湿のような環境になると放熱メカニズム自体の効率が悪くなり、さらに寝苦しさを感じます。ですから、頭を冷やすことで涼しくなることができ、寝汗も止まるかもしれません。

 

例えば以下のような『冷やし枕』を使います。室温より『4~5度』程度低くし、あまり冷たすぎるのは逆効果です。

 

 

以下のような水枕もいいですね。

 

 

また、乾いたバスタオルを冷凍庫で冷やし、それを枕の上に乗せてもOKです。タオルは、これらのアイテムの温度を調節するためにも使えます。冷たすぎる場合はタオルを二重にして巻く等の工夫をしてみましょう。

 

また『頭寒足熱』ですが、熱くて寝苦しい場合は『足も冷やす』ことが有効なことがあります。人は寝るとき手足から放熱をして、それで深部体温を下げます。皮膚体温は上がり、深部体温は下がることで快眠が得られるようになります。それについては先ほどの記事で詳しく書きましたので、併せてご確認ください。

 

ですから足は『温かくなる』のです。この現象は、真夏の環境だと寝づらさにつながることもあります。そういう場合は足を冷やしたほうが寝やすくなると、近年の研究でわかってきているようです。例えば、タオルケットから足だけ出すだけでも効果があります。とにかく、頭と足を冷やすだけでかなり環境は改善しますので、もし『ただ暑いだけ』という理由で汗をかいている場合は試してみましょう。

 

 

1 2 3 4 5 6