『ヒト』を最適化しよう。

イヒヒヒ!『イ』安婦『ヒ』トラー『ヒ』爆に『ヒ』ロポン。誰かの高笑いが戦争の空に残酷に響き渡った

『第二次世界大戦』

第一次世界大戦を利用して『帝国日本』は虎視眈々と野心を燃やし、『大戦景気』がお金を燃やす成金を生んだ

 

上記の記事の続きだ。さて、1941年12月、日本が真珠湾を攻撃し、『太平洋戦争(1941年12月8日(日本時間)– 1945年9月2日(または8月15日))』が勃発。ついにアメリカが戦争に参入。日本の同盟国であるドイツとイタリアも、この3日後にアメリカに宣戦布告。『第二次世界大戦』は紛れもなく最大警戒レベルの世界大戦となった。

 

東条英機

何がアメリカだ!やってやるぞ!
…とうとう攻撃したな。よーし、やってやろうじゃねえか!戦争だ!

フランクリン・ルーズベルト

ヒトラー

同盟国に仕掛けるとは、俺に喧嘩を売ったのと同じだぞ!

ムッソリーニ

日独伊三国同盟の恐ろしさを知れ!

 

海軍良識派に米内光政、山本五十六がいて、陸軍強硬派には東条英機らがいた。彼らの連携はやはりとれていなかった。海軍は早急にアメリカを叩くべきだと主張したが、陸軍は持久戦に持ち込もうと考えた。日本の軍隊の足並みはそろっていなかったのだ。『大政翼賛会(たいせいよくさんかい)』を作って『一国一党』を掲げて一つにまとまる形を取っても、肝心の軍隊でまとまりがなかった。

 

最初は日本が優勢だった。半年で日本は東南アジアのほとんどを制圧。そして『大東亜共栄圏』の建設を持ち出し、欧米の植民地支配からアジアを解放し、日本を中心としてアジア人による東アジア・東南アジアの世界秩序をつくっていく『解散闘争』の『大東亜戦争 』としたのである。

 

東条英機

我々はこの『大東亜戦争』に勝ち、アジアのボスとなるのだ!

 

[大東亜会議に参加した各国首脳。左からバー・モウ、張景恵、汪兆銘、東條英機、ワンワイタヤーコーン、ホセ・ラウレル、スバス・チャンドラ・ボース]

 

しかしこうして得意になったところで足元をすくわれるのがこの世の真理だ。『大東亜会議』でアジア代表を集めて味方をつけ、戦況を優勢にしてシナリオ通りに進めようとするも、連合国に劣っている部分をこの制圧したアジアで賄うようになり、リソース(ヒト、モノ、カネ)は日本が酷使することになり、それに抵抗する抗日運動も起こってしまった。

 

『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』

 

そしてその中に『従軍慰安婦』の存在もあった。女性を連れてきて、軍人の『慰め』をさせたのだ。ただし、こうした問題は別に日本だけの問題ではないということを加えておく必要がある。

 

例えば韓国は、『慰安婦問題』を取り上げ、今も日本に恨み節をよく吐いている。もちろん日本は悪いことは悪いというべきだ。それは日本に限らずすべての人間がそうなのである。だが実は、ベトナム戦争に派遣された韓国兵が現地で婦女暴行を繰り返した事実が存在するのだ。つまり、日本だけじゃなく、韓国兵も似たようなことをベトナムでやっている。

 

[韓国・アメリカ軍に捕えられた北朝鮮軍看護婦。捕えられた北朝鮮女性はレイプされたり強制的に慰安婦にさせられることもあった]

 

旧日本軍の慰安婦は仕事として兵士の相手を請け負っていた女性だが、韓国兵は一般の婦女子を襲っている。そして、そこで生まれた子供がベトナムで差別の対象となっていて、社会問題となっているというのだ。

 

朝鮮半島が『韓国』と『北朝鮮』に分かれる直前に存在した幻の国とは?

 

しかし日本は『満州事変』、『日中戦争』、『大東亜戦争(第二次世界大戦・太平洋戦争)』の中で、他の者と同じように、戦争に勝利したからという理由で傲岸不遜になり、得意になって人の道を踏み外した。それが真実なのである。かつて、長州藩士の吉田松陰は『松下村塾(しょうかそんじゅく)』を再興し、人々の思想を鍛えた。松陰は、

 

北はカムチャッカ、南はルソン(フィリピン北部)まで領有するべきだ。

 

と考えていて、その考え方が弟子を通じて、明治新政府の富国強兵、植民地政策に反映されていった。弟子の高杉晋作も奇兵隊を作って、アヘン戦争でイギリスが清に支配されたことを受け、この国を守らなければならない使命感に襲われ、日本各地でクーデターを起こした。

 

[長州奇兵隊の隊士(一部]

  • 木戸孝允(桂小五郎)(1833~1877年)
  • 久坂玄瑞(1839~1864年)
  • 高杉晋作(1840~1867年)
  • 伊藤博文(1841~1909年)
  • 山縣有朋(1838~1922年)

 

吉田松陰の弟子にはこれだけの人物がいた。幕末で命を落とした者もいれば、伊藤博文や山県有朋のように生き残って、亡き戦友たちの分まで戦った人間もいた。日本を守ろうとした松陰は正しくもあり、別の面から見ると『帝国主義』の思想を煽ったわけで、ヒトラーその他の帝国主義者と変わらない、度が過ぎた愛国心を持った人物だったと言えるだろう。何しろフィリピンの人はどうする。彼らの国を支配することは、日本の為に仕方ないとでも言うのだろうか。

 

マイケル・サンデルは言った。

 

見るべきなのは以下の黄金律である。

 

『持つべき愛国心の『国』とは国家のことではない。『地球』のことだ。』 吉田松陰と橋本佐内を殺したのはまずかった!『桜田門外の変』で井伊直弼と同時に徳川一強時代が終焉

 

しかし彼ら先人が日本を守ったから現在の我々があるのも確かだ。ではどうすればよかったのか。この時代は『攻撃が最大の防御』だった。だから帝国主義を貫き、領土を拡大して国力を増強し、どこにも負けない国づくりを目指したのだ。

 

だが、思想はそうでも、彼らは直面したはずだった。目の前で繰り広げられる惨劇。今日も明日も、惨劇、惨劇、惨劇。そんな惨劇から目を逸らすかのように、ある種の覚醒状態だった当時の軍人たちは、気が付けば人の道を踏み外していた。そういうことだったのである。ヒムラーがユダヤ人大量虐殺を推進し、ヒトラーはユダヤ人を大量虐殺した。『ホロコースト』である。

 

なぜヒトラー(ナチス)はユダヤ人を虐殺したのか?

 

その『覚醒状態』を煽った一つの要因として挙げられるのが『ヒロポン』である。以下、Wikipediaを見てみよう。

日本では、太平洋戦争以前より製造されており、除倦覺醒劑として販売された。その名の通り、疲労倦怠感を除き眠気を飛ばすという目的で、軍・民で使用されていた。当時はメタンフェタミンの副作用がまだ知られていなかったため、規制が必要であるという発想自体がなく、一種の強壮剤として利用され、参天堂(ホスピタン)や小野薬品工業(ネオパンプロン)など同業他社からも販売されていたが、その中でも大日本製薬は最大のシェアを得た。こうしてヒロポンはアンフェタミン系をも含む覚醒剤の代名詞となった。

 

当時の適応症は、「過度の肉体および精神活動時」「夜間作業その他睡気除去を必要とする時」「疲労二日酔乗り物酔い」「各種憂鬱症」であった。帝国陸海軍では、長距離飛行を行う航空兵などに支給されている。ヒロポンの注射薬は「暗視ホルモン」と呼ばれ、B-29の迎撃にあたる夜間戦闘機隊員に投与された。中には、一晩で5機のB29を撃墜した例もあった)。ヒロポンは「本土決戦兵器」の一つとして量産され、終戦時に大量に備蓄されていた。

 

日本の敗戦により、日本軍の備蓄品が一気に市場へ流出すると、酒やタバコといった嗜好品の欠乏も相まって、人々が精神を昂揚させる手軽な薬品として蔓延した。その薬物依存症者すなわち「ポン中」(ヒロポン中毒者)が大量発生し、中毒患者が50万人を超えるなど社会問題となった。加えて、中毒者が行う不潔な注射器の使い回しは、ウイルス性肝炎の伝染機会を増加させ、輸血後肝炎が感染拡大する遠因となった。この時期芸能界にも蔓延し、多くの芸能人が常用していたことが、のちに明らかになっている。当時芸能界で活動したコロムビア・トップが、参議院議員に転身後国会において、ヒロポンが蔓延した当時の芸能界を証言したことがある。

 

[覚醒剤密造・販売の摘発(『毎日グラフ』1954年11月24日号より)]

 

コロムビア・トップというのは浅草出身の漫才師かつ政治家である。1949年にヒロポンは劇薬に指定され、1951年に『覚せい剤取締法』が制定されると、この国からヒロポンはなくなっていったが、こうした裏事情が確かに存在していたのだ。

 

また、日本軍は戦争の費用を得る為に大量のアヘンを製造し、大勢の中毒者を出した。そして、細菌戦のために人体実験をしたことは、外部の者からすればヒトラーたちのホロコーストと同じ類の『外道』にしか見えなかった。更に、この時期の日本だけで考えても、

 

  • 文学
  • 映画
  • 音楽
  • 絵画
  • 新聞

 

といった分野は国の統制によって戦意高揚作品一色となり、多様性が失われていた。その半面で新聞は大きく売り上げを伸ばし、昭和初期の400万部と比べると2倍の、800万部を超える売り上げを打ち出していて、ラジオも同様だった。また、経営する企業や工場の海外市場がほしい財閥や、その企業や工場で働く労働者たちが軍部を支持し、国民の多くが経済的理由から戦争に賛成する空気が蔓延していた。

 

  1. ヒトラーの狂気
  2. 人体実験の狂気
  3. ヒロポンの狂気
  4. 麻薬製造の狂気
  5. 拝金主義の狂気
  6. 帝国主義の狂気

 

国を守りたい。ただそれだけの『愛国心』のつもりが、いつの間にかその防衛戦に勝利することによって人を傲岸不遜にさせ、狂気の渦に巻き込んでいった。これが先ほどの黄金律『得意時代転落』の罠だ。これは、全人類がいつでも陥る可能性がある、この世の真理なのである。

 

徳川家康は言った。

 

その隙に入り込むウイルスというのは、狂気であり、病気であり、麻薬であり、そして自惚れだった。

 

太平洋戦争は日本が優勢だったが、1942年のミッドウェー海戦で連合国が巻き返す。日本は学生や女性にも手伝わせるが、『絶対国防圏』と定めていたサイパン島をも落とされる。東条英機はその責任を取って総辞職に追い込まれた。このサイパンを取られたことにより、アメリカはいつでも日本に直接爆撃機を飛ばせるようになった。

 

[学徒出陣壮行の図
(京都帝大、須田国太郎)]

 

第41代目総理大臣は、小磯国昭だ(1944年7月22日 – 1945年4月7日)。このとき、世界では『ヤルタ会談』が行われ、秘密協定としてソ連の対日参戦が決定している。サイパンからは米軍機が襲ってきて、日本は『東京大空襲』。主要都市も次々と爆撃され、児童は地方へ避難し、学童疎開が行われた。

 

そして沖縄にはアメリカ軍が上陸。『沖縄戦』が開始。激しい戦いが行われ、小磯内閣は総辞職した。この時、多くの日本人が集団自決を行った。その数は1,000人にも及ぶという。

 

この沖縄戦の一部を描いた最近の映画に『ハクソー・リッジ』がある。キリストの十字架刑等をラテン語、アラム語のみで、翻訳を禁止して聖書に忠実に描いた、リアリティを追求する監督メル・ギブソンの手で作られたリアリティのある映画だ。

 

太平洋戦争の沖縄戦で衛生兵として従軍したデズモンド・T・ドスの実体験を描いた戦争映画で、彼はクリスチャンであり、沖縄戦で多くの人命を救ったことから、「良心的兵役拒否者(Conscientious objector)」として初めて名誉勲章が与えられた人物である。「ハクソー・リッジ」とは、沖縄戦において、浦添城址の南東にある「前田高地」と呼ばれた日本軍陣地のこと。北側が急峻な崖地となっており、日米両軍の激戦地となったことから、米軍がこの崖につけた呼称(Hacksaw=弓鋸)である。

 

 

実在したアメリカ衛生兵デズモンドは、この狂気の渦の渦中にあって信念を貫き続けた、良心の人だ。海軍良識派の米内光政や山本五十六同様、戦争などしたくなかった。だが、敵味方関係なく助けた彼は、この渦中にあって、とても貴重な存在だったと言えるだろう。

 

山本五十六も、

 

と言って分け隔てなく人を判断し、大義に生きた男だったが、多くの人間が狂気の渦に飲み込まれていく中、彼らのような人物がいて、彼らが『人間の良心と尊厳』を保ってくれたことは、不幸中の幸い。

 

人間は捨てたものではない。

 

この地獄のような経験から、我々はそう学ぶことができるからだ。

 

さて、第42代目総理大臣になったのは鈴木貫太郎(1945年4月7日 – 1945年8月17日)。イタリアが降伏し、ドイツも降伏。日本だけが残って戦争を続けるが、このとき鈴木はもう79歳。軍人であることを理由に総理の話を拒むも、昭和天皇に、

 

昭和天皇

気持ちはわかる。しかし、もう人がいない。頼む。

 

と言われたという。アメリカ・イギリス・中国は『ポツダム宣言』で日本に無条件降伏を求めるが、ギリギリまで粘った。ソ連を通じて和平工作を考えていたのだ。そして1945年8月6日、広島に、そして9日には長崎に原子爆弾が投下された。

 

[長崎に投下された原子爆弾のキノコ雲 1945年8月9日]

 

東京大空襲では約10万人が、沖縄戦では軍民合わせて約18万人が亡くなった。当時の広島市の人口は約34万人であったが、爆心地から1.2kmの範囲では当日中に50%の人が死亡し、同年12月末までに更に14万人が死亡したと推定される。長崎市の人口は推定24万人、長崎市の同年12月末の集計によると被害は、死者7万3884人、負傷者7万4909人、罹災人員:12万820人、罹災戸数1万8409戸にのぼった。

 

[広島被曝図]

[被爆直後の広島]

 

世界史から見た『第二次世界大戦』の流れ

STEP.1
ドイツ・ポーランド侵攻
1939年。独ソ不可侵条約を結んだドイツはポーランドに侵攻。イギリスとフランスがこれに対し宣戦し、大戦がはじまる。
STEP.2
スターリングラード攻防戦
1942~1943年。ドイツ軍はソ連の工業都市スターリングラードに侵攻するが、敗北。以降は劣勢へ転じる。
STEP.3
イタリア・無条件降伏
1943年。連合軍が北アフリカからシチリア島に侵攻。国内ではムッソリーニが逮捕され新政権を樹立した。
STEP.4
連合軍、ノルマンディー上陸
1944年。連合軍がフランスの大部分を奪還。『史上最大の作戦』と言われたほど大規模なものだった。
STEP.5
ベルリン没落
1945年。権力を盛り返した連合軍はドイツ領内に侵攻。4月にはソ連がベルリンを包囲し、ドイツは無条件降伏した。

 

1945年、ベルリンを包囲されたヒトラーは自殺し、翌年5月にドイツは無条件降伏。同年7月26日ににアメリカ合衆国大統領、イギリス首相、中華民国主席の名において大日本帝国(日本)に対して発された、全13か条から成る宣言『ポツダム宣言』、正式には日本への降伏要求の最終宣言が出される。

 

木戸幸一内相は、

 

木戸幸一

殺されるのは我々3人4人で済む。やりましょう。

 

といって、天皇に聖断を求めるよう、鈴木貫太郎に進言したという。他の枢軸国が降伏した後も交戦を続けていた日本は、1945年8月14日にこの宣言を受諾し、1945年9月2日に調印・即時発効(降伏文書)に至って第二次世界大戦(太平洋戦争)は終結した。

 

[原爆ドーム 筆者撮影]

[原爆ドーム 筆者撮影]

[原爆ドーム『嵐の中の母子』 筆者撮影]

 

先ほど原爆死者数の話を書いたが、日本の降伏により、1945年11月に予定されていた九州南部への上陸作戦、並びに翌年3月に予定されていた関東地方への一大上陸作戦が中止となった。この作戦が実行されていた場合、計107万人もの米軍が東京に上陸し、双方合わせて広島と長崎の原爆による死傷者をはるかに上回る戦死者を出しただろうと戦後に米軍当局はコメントしている。このコメントが後年、米国における原爆投下正当化の根拠となった。

 

アメリカのトルーマンは大統領が原爆投下を急いだのは、その後に問題となる『冷戦』問題の端緒となる行動だった。ソ連が日本に影響を及ぼす前に、アメリカがこの国を支配して単独占領したかったのだ。そのため、原爆の犠牲者は『冷戦の最初の犠牲者』ということになる。

 

『資本主義アメリカ』VS『社会主義ソ連』!44年間続く『冷戦(Cold War)』が始まった

 

[ハリー・S・トルーマン]

 

 

該当する年表

[宇宙誕生~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画一覧

参考文献