Contents|目次

アインシュタイン『すべての物理学の理論は、数式は別にして「子供達でさえも理解できるように」簡単に説明するべきである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

レオナルド・ダヴィンチは言った。

 

ここに書いたが、

 

複雑な話を複雑怪奇にしていた方が、自分に対して称賛の目を向けてもらえて、優越感に浸れるし、人を見下せるし、努力した甲斐があるし、人より優位に立てる

 

等と思っているような人間は、賢い人間ではない。あるいはそういう利己が働いていない場合でも、『尾崎行雄』と『福沢諭吉』のこの話のようなケースでもこれが当てはまる。

 

ある日、筆一本で食べていこうと決めた尾崎が、福沢に、『識者(物事の正しい判断力を持っている人。見識のある人)』にさえわかってもらえればそれでいいからそういう本を書きたいと話したところ、福沢は、

 

福沢諭吉

馬鹿者!

 

と一喝した後、こう言った。

 

 

monkey

 

この場合、尾崎行雄はとても『賢い』。なぜなら『本を書く』のだ。それは賢い人がやることだ。しかもその対象者が『識者』なのだから、その内容は極めて賢いのである。だが、『もっと賢い』のが福沢諭吉だというのだ。この点において、ダヴィンチやアインシュタインと意見が一致している。『人間』とは、『識者』だけではないのだ。むしろ識者など数で言えば、2割ほどしかいないのである。

 

では、地球が破滅してどこか違う惑星に移住するという事になった時、『2割しか(宇宙)船に乗れない』場合、人間はどういう人間をそこに選出するだろうか。

 

 

皇族、識者、権力者といった、要人だけだろうか。それで本当に残りの8割は、文句を言わないだろうか。不公平ではないだろうか。公明正大な選択だと言えるだろうか。人間としてその考え方は、本当に合っているだろうか。一見すると、『2割信仰者』の方向が正しいようにも見える。だが、倫理的に考えると、間違っているようにも見える。こういう時、偉人中の偉人であれば、

 

私の命はいらないから、皆で逃げなさい。

 

と言うだろう。この視点があるかないかが、人間としての器を決めるのだ。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

マルセル・プルースト『発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目を持つことなのだ。』 ヴィクトル・ユーゴー『荒々しい毒づいた言葉は、根拠の弱いものであることが多い。』 エラスムス『人生に執着する理由がない者ほど、人生にしがみつく。』

 

関連する『黄金律

『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。』

『簡潔、単純、シンプルが知性だ。』

同じ人物の名言一覧

アインシュタインの名言・格言一覧