Contents|目次

アインシュタイン『この世は危険なところだ。悪いことをする人がいるためではなく、それを見ながら、何もしない人がいるためだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

人間が、目の前で悪い事をしている。銃を乱射して、数人の命を既に奪ってしまったのだ。まだ銃はたくさん残っていて、相手の勢いは衰えていない。そんな中、『何もしない人』の心境は、どのようなものだろうか。

 

というか、『何もしない』のは、間違いなのだろうか。間違いなく、そのまま相手に向かっていけば、射殺されることになる。つまりアインシュタインは、『射殺されてでも目の前で起きていることを見て見ぬフリするな』と言っているのだろうか。それとも『警察に通報する』という行動を取れば、それで『何もしない』ことにはならないのだろうか。

 

だとしたら、多くの人がそれを成し遂げることが出来るはずだ。警察も間違いなく、

 

無謀なことはしないで、すぐに我々に通報してください。その為に我々がいるのですから。

 

と言うだろう。この様な考え方をすれば、この言葉はアインシュタインからの、世界に対する啓蒙的(正しい知識を与え、合理的な考え方をするように教え導くこと)な警鐘であるということになり、『では気を付けよう』といって、ふんどしを締め直して終わる。

 

アインシュタインはこうも言った。

 

これも啓蒙的な警鐘である。『ボーダーライン』を引いてくれたわけだ。『その一線を超えたら、もう人間は終わりだぞ』と。ただし、この間私は、この言葉が単なる啓蒙的な警鐘ではなく、事実の説明である現実を思い知ったのである。ジャマイカだ。あの国ではマリファナや銃の所持は当然罰則の対象である。しかし、最近になって、少量の所持なら合法化されたのだ。現地の人間は言う。

 

おれ達は金がないんだ。前の仕事は教師だった。でも食べていけないから、こうしてマリファナを育ててるんだ。

 

毎日のようにあちらこちらで開かれるレゲエパーティでは、マリファナの売人が堂々とそれを売りつける。その時取材をした日本人は、それを断るとマリファナを落とされ、

 

落とすなよ。買い取れ。

 

と言われ、強引に売りつけられた。

 

 

そのときだ。外に来たのは数台のパトカーである。全てのことが初体験の日本人取材陣は、固唾を飲んでその一部始終を確認しようとした。

 

(逮捕者が出るのだろうか?)

 

ヒヤヒヤしながらクラブ内に入った警察を外で待っていると、警察が中から出て来た。何と、その警察の手にあったのは、中で売っている食事だった。そして、何事も無かったかのように、彼らはそこを去ったのだ。現地の人間曰く、

 

警察を上手くさばけるかどうかは、そのパーティを仕切る人間の器量だ。

 

なるほど。私が冒頭に書いた『当たり前の倫理観』は、当たり前ではなかった。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ジョン・ロック『収入は、靴のようなものである。小さすぎれば、われわれを締めつけ、わずらわす。大きすぎれば、つまずきや踏み外しの原因となるのだ。』 ヒルティ『最良の友人とは、いつでも苦しいときに友を見捨てない人のことである。』 川上哲治『スランプというのは、好調なときにその原因が作られている。だから、好調なときが一番心配です。』

 

関連する『黄金律

『人間が「幸せだ」と言ったのなら、そこにあるのは隠蔽だ。』

同じ人物の名言一覧

アインシュタインの名言・格言一覧