Contents

W・H・オーデン『死とは、ピクニックのとき遠くに聞こえる稲妻の音。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

(死にはしない。)

 

(まだ死なないだろ。)

 

(かわいそうになあ。)

 

まるで他人事だ。自分たちはピクニックを楽しんでいる。昨日だってそうだったし、今日も明日も、これは続くに決まっている。『類推』とは、Aが来て、Bが来たら、次はCが来ると推測することを言う。つまり類推出来ている。昨日そうだったから、今日もそうだったし、ということは明日もそうだ。遠くの方で稲妻の音は聞こえるが、それは自分には関係ないだろう。確率的に行って、類推してみても、そういう結論に至るのだ。

 

そして稲妻には突如打たれる。その時に、悟るのだ。間違った類推をしていたのだと。遠くで稲妻が鳴った。だとしたら、すぐに自分の番が来る。それが正しい、類推だった。

 

霹靂

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

最澄『一燈照隅 万燈照国』 ガストン・ド・レヴィス『運動して体力がつくように、熟考すると精神力が高まる。』 ヘロドトス『起こるかもしれないことを恐れてびくびくしながら無関心でいるより、半分はよくない結果に終わっても、いさぎよく大胆になって危険を冒す方がいい。』

 

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』