『ヒト』を最適化しよう。

ケー・エレン『人生は、片手に幸福の黄金の冠を持ち、片手には苦痛の鉄の冠を持っている。人生に愛されたものは、この二つの冠を同時に渡されるのだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

例えば、フカヒレが大好物だという人がいたとしよう。彼女は、珍しくて、高級で、コラーゲンがたっぷり入ったフカヒレが大好き。しかし、それが、2週間、3週間と続いたらどうだろうか。あるいは、その期間の間は食事だけしかできず、運動も、人としゃべることもできない空間だとしたらどうだろうか。恐らく、フカヒレを二度と食べたくないと、思うようになるだろう。

 

聖書の『伝道者の書 5章』にはこうある。

『見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいのちの日数の間、日の下で骨折るすべての労苦のうちに、しあわせを見つけて、食べたり飲んだりすることだ。これが人の受ける分なのだ。実に神はすべての人間に富と財宝を与え、これを楽しむことを許し、自分の受ける分を受け、自分の労苦を喜ぶようにされた。これこそが神の賜物である。こういう人は、自分の生涯のことをくよくよ思わない。神が彼の心を喜びで満たされるからだ。』

 

聖書

 

彼女がフカヒレが好きで、最初は『美味しい』と思うことが出来たのは、『めったに食べられないから』であり、『ということはそれまで食べたいけど我慢していた』からであり、『当然その間には仕事も生活のストレスも身体の不調もあった』わけで、 そのフカヒレに辿り着く間に、『骨折る労苦』を経験しているのである。黄金の冠だけ持って人生を生きようと欲張ると、知らぬ間に持っていたその黄金の冠が、鉄の冠に変化してしまうのである。これは、『人間の仕組み』だ。機械に水をかけると故障する。それと同じように、ただこの事実をありのまま、受け入れることが正解である。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『自分の命を最も躍動させる為には、『働く』必要がある。』