『ヒト』を最適化しよう。

大久保利通『国家創業の折には、難事は常に起こるものである。そこに自分ひとりでも国家を維持するほどの器がなければ、つらさや苦しみを耐え忍んで、志を成すことなど、できはしない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

どんな辛酸を舐めることになっても、いかほどの艱難辛苦を味わうことになっても、

『別にそれは憂うべき問題ではない。むしろ、筋力をつけるための必須条件である、一時的に負荷に過ぎない。』

 

と考える人間の器や懐は、大きい。

 

 

吉田松陰は言った。

 

自分の正義を貫けば、また別の正義と衝突することは避けて通れない。

 

歴史的政治家、板垣退助は、総理大臣として遊説中、短刀で数か所を刺された。

 

 

月日が経ち、出獄した加害者がのちに彼のもとへ謝罪に訪れた。

 

板垣は言った。

 

自分の命を、使い切れ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

大久保利通の名言・格言一覧