『ヒト』を最適化しよう。

ジョン・ドライデン『欠点は、表面に浮かんで流れるわらのようなもの。真珠を求めるなら、深くもぐれ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

真珠は深海にしかない。こんな表現を使って私は、もう10年以上が経つ。今日、初めて同じ表現をする偉人の言葉に出会った。いや、もしかしたら10年以上前のおぼろげな記憶の時代に、『真珠=深海』というイメージが、刷り込まれていたのかもしれない。そしてそれを刷り込んだのは、このジョン・ドライデンなのかもしれない。

 

真珠

 

深化の時期』。それは、人間が真価を発揮する為に必要な、登竜門である。

 

ホイットマンは言った。

 

『人間の真価』とは、『愛』である。愛に溢れた人間こそが、人間の真骨頂である。表層上にあるものに違和感、不信感を覚える人。人生を決めつけるのはまだ早い。深海には潜ったか?そう自問してみると良い。私もかつて、歪曲された愛情を受け、そして不当な評価の連続を受け、世の中に憤慨していた。

 

クリスチャン

 

(そのルールは、誰が決めたんだ?俺は決めてない。俺以外の人間が従えばいい。)

 

こんな風に世の中を敵視するような、人間だったのだ。実を言うと、別にその考え方は今も大きく変わってはいない。しかし、決定的に違うのは、『主体性』だ。

 

『自分の身の回りで起きたことは全て自分の責任だ』

 

つまり、以下の黄金律を理解したのである。

 

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

 

この事実に直面したときに、プライドが揺り動かされたのだ。私はこの高いプライドに救われた。この事実を見なかったことにして隠蔽し、悲劇のヒーローを続ける選択肢もあった。しかし、それはプライドが許さなかった。するとどうだろう。その『主体性』から目を逸らさないようになってからは、『では、そのルールを自分で決めればいいではないか。』という具合に、それまで長らく続けられていた受け身の体制が、一新されたのだ。

 

それが出来るようになったのは、私が、光の当たらないような、深海の闇に堕ちたからだった。そこで真珠を見つけたのだ。その真珠が、道を、光照らしてくれるようになったのだ。

 

 

『欠点は、表面に浮かんで流れるわらのようなもの。真珠を求めるなら、深くもぐれ。』

 

また、これは今日も遅刻をしている、入社して10年経つ私の部下にも同じことが言えるだろう。確かに彼は非常識だ。非常識極まりないと言っていい。彼に対して『常識』を求めようものならこちらの身が持たない。事実、何度も激高し、彼の頭の上に木刀の『柄の部分』を振り下ろす直前まで行ったことがある。だが、私が彼を殺したら『被害者』がすり替わってしまう。彼が被害者になり、私が加害者となり、刑務所では彼のことを一生考える人生を強いられることになる。つまり、私は目の前の疫病神のような存在を、見て見ぬふりをして首にしてしまっても、忌み嫌って殺してしまってもいけない。

 

だが、アメもムチも何をやっても通用しない。私は彼と日本の世界遺産を全て見て回ったし、富士登山もやった。たくさんのお風呂に入り、食事もして、話した時間は1,000時間を超えている。しかし、彼は今日も遅刻をしている。これが現実なのだ。

 

遅刻

 

挙句の果てに彼は仕事もきちんとできない。決められたルーチンワークすらも手を抜いて楽をするような愚かな人間だ。彼のことを常識で考えたらとてもやっていけない。しかし、そんな彼の真珠ですらも、深く深くに潜ればきちんと存在しているのだ。私が彼を殺さない理由、そして彼が大きな罪を犯して逮捕されない理由はそこにある。彼は彼なりに生きている。その生き方は決して認められるものではないが、こういう人間も世の中にはいるのだ。私の叔父は統合失調症だった。いつも独り言を言って、気味が悪い思う時期もあった。だが、そんな彼の一生を思い出すと、とてもいいひとだった。

 

『欠点は、表面に浮かんで流れるわらのようなもの。真珠を求めるなら、深くもぐれ。』

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『やるべきことがない人間だけが、悩み、憎むのだ。』

同じ人物の名言一覧

ジョン・ドライデンの名言・格言一覧