目次はこちら

瀬戸内寂聴『無為にだらしない生き方をするより真剣に生きるほうが、たとえ短命でも値打ちがあります。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

『生きながらえる』という言葉がある。それは普通、ここでいうような『無為にだらしない生き方』を揶揄した言い方である。病床にいる余命の短い人間がいて、家族が死を望んでおらず、少しでも時間を共有したい。そういう時に取る延命措置は、ここでいう『生きながらえる』には当てはまらない。当てはまるのは、実に複雑な条件が整ったときだ。つまり、そういう場面でも、『生きながらえる』という表現がふさわしいときはある。

 

モンテーニュは言った。

 

例えば、家族に迷惑をかけたくない、あるいは、その『家族』がいない場合は、病院で延命措置を取ることに、何か意味があるだろうか。ある場合もあるし、ない場合もある。また例えば、戦場で、多くの友を失った。家族もとっくに失っている。そういう人が、戦場でひどい重傷を負った。命からがら生き延びれば、もしかしたら助かるのかもしれない。だが、途中で捕虜として捕まり、自分が人質として負の材料として扱われることは、
悔いを残すし、屈辱的な場合もある。

 

(皆と一緒に、ここで死のう。)

 

そういう時、そう言って自分で命を絶つことは、どういうことだろうか。

 

ナポレオンは言った。

 

話を簡単なものにするのであれば、たった一度のこの人生、悔いの無いように、全身全霊をもって生き貫こう、ということなのである。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

瀬戸内寂聴の名言・格言一覧