『ヒト』を最適化しよう。

ヘレン・ケラー『自分の限界を考えたことはありませんし、限界の存在は悲しむべきものではありません。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

『人間の限界』を考えるときまず真っ先に思い浮かぶのは、『生老病死』だ。

 

ブッダは言った。

 

ブッダ

 

これはブッダの言葉の超訳として書いた記事だが、

 

  • 生:生きること
  • 老:老いること
  • 病:病を患うこと
  • 死:この世を去ること

 

これが人間が課せられている『限界』である。つまり『有限』なのだ。『無限』ではない。人間に与えられた寿命も、可能性も、全て有限なのである。それを知るため、悟るために、ブッダの言葉は極めて重要な考えるべく要素である。しかし、もし限界が自分に無く、そしてこの世が有限でなければ、この世に秩序などあるのだろうか。

 

いや、ない。

 

そこら中で核爆弾が落とされ、だが、死なない。

 

核爆弾

 

ドイツの小説家、トーマス・マンは言う。

 

確かに死なないだろう。だが、だからといって『命がみなぎる』わけではないのだ。例えば花だ。花は咲き、そしてそれが消え去ることはないといっても、『枯れる』だろう。核爆弾が落とされ、空気が汚れていけば、花はみるみる枯れていき、元気を失うだろう。つまり、命はあっても元気はない。まるで、宇宙空間を漂っても永遠に死なないように、生きているからといって幸せになれるわけではないのだ。

 

宇宙空間

 

儚くもなんともない世界。そこに厳かな尊さは、無い。有限だから厳かで美しいのだ。限りがあるから、それを打ち破ろうとする無限の力がみなぎるのだ。

『自分の限界を考えたことはありませんし、限界の存在は悲しむべきものではありません。』

 

リカージョン』とは、『無限』という概念を想像する能力である。このリカージョンが使えるのは、地球上では人間だけだと言われているのだ。無限がわかるということは、有限を理解できるということ。だからヘレン・ケラーの言うように、考えようと思えば自分の限界の存在を考えることはできるだろう。

 

だが、悲しい方向に考えるのではない。我々は悲劇のヒーロー・ヒロインではないのだ。儚く健気な一輪の花についてそっと気持ちを寄せることが出来る。有限を理解できる人間の心は、かくも温かく、そして尊い。

 

一輪

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧

ヘレン・ケラーの名言・格言一覧