Contents

ヘレン・ローランド『男は別れの言い方が分からない。女はそれを言うべき時が分からない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

世間一般の『男』のことはさておき、まずは、同じ男である私のことだ。私の場合は、まず『ふる』、つまり『別れを切り出す』時に、その行為自体が、どこか『偉そう』な気がして、躊躇する。

 

(だったら何で付き合ってたんだよ)

(SEX目的じゃねえだろうなあ)

 

という発想が頭をよぎってきて、いや確かに、結婚する気もなく、子供を養う経済的余裕もなく、その他にやりたいことがたくさんあって、別れた後にすぐにそちらに流れるのであれば、そういう発想が頭をよぎるのだ。

 

(なんで付き合っていたんだっけ?)

 

完璧主義の性格も手伝って、

 

(別れるんだったら付き合っても意味ねえじゃん)

 

という発想が頭をよぎる。どこかに出かけて、食事をして、一緒に寝て、SEXをして、それで結婚をする予定も、子供をつくる予定もないのであれば、一体何のために付き合っているのか、わからなくなってしまうのだ。その結果、どういう理由で別れを切り出すのか、躊躇する。その証拠に、私の年齢は今31だが、21で別れて以来、恋人を作っていないのだ。

 

軽はずみに作らないようになった。だから、その間に私の事を好いてくれる人はいたが、私は、一度心がこう固まるとテコでも動かないので、もちろん恋に発展することはなかった。こういうことが、世の男にも当てはまるのだろうか。

 

 

次に女性の話だ。よく、女性より男の方が未練がましいと言うが、確かにそれはそうだ。(私は違うが)だがそれは、『別れた後』の話だ。『別れるまでの間』が、未練がましいのが女性なのだ。未練というか、『情』である。(この人は私がいないと)的な母性でもいいし、(そうは言っても好きになった人だし)という一途さでもあるだろう。『愛情』でも『同情』でも何でもいいが、とにかくこの『情』が、別れるまでの間の距離を作るのである。

 

それに、その人と別れて、次の恋に向かっていけるかどうかもわからない。次の恋があるのかどうかも定かではない。そんな背景理由も手伝って、ズルズルと関係が先延ばしになることは、稀ではない。

 

 

しかし、一度別れたらスパッと切り替えるのだ。これが実に女性らしいというか、女性のポテンシャルそのものである。苗字を変え、夫を立て、コミュニティと強調し、いつでも人や環境に合わせて人生を上手に生き延びてきた女性。だから、いざとなってしまえばその能力が発揮するのだ。それが、別れた後に男よりも未練が無いという、女性の実力である。

 

男(何のために生きていくのか?)

女(生きるためには決断しなきゃ!)

 

もちろん一辺倒には出来ないが、とかく、男女の脳のつくり、考え方というものは異なる。そして、異なっていて(凸凹で)いいんだ。だからそれらを補い合う為に、人は結婚をするのだ。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

モンテーニュ『明けゆく毎日をお前の最後の日と思え。』 ジェームズ・アレン『環境が人を作るのではありません。環境は私たちに私たちがどんな人間であるかを教えてくれるだけなのです。』 黒澤明『ハッキリと言わなければ、かえって人を傷付けることもある。』

 

関連する『黄金律

『愛があれば全ては解決する。』