『ヒト』を最適化しよう。

出光佐三『金を軽んじても重んじてもいけない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『海賊と呼ばれた男』の主人公として脚光を浴びた出光興産の創業者、出光佐三(いでみつさぞう)。ガソリンスタンドの出光はあまりにも有名。コカ・コーラやジョンソン・アンド・ジョンソンなどで社長業を努めた、新将命(あたらしまさみ)の著書『経営の教科書』では、『成長と膨張の違い』を説いている。拝金的で、金儲け至上主義の考えでは、確かに短期的に金が集まるかもしれないが、それは『膨張』にすぎない。許容範囲を超えた膨張は、膨らむのこそ早いが、『弾けて消える』のが相場だ。バブルは弾けるのである。

 

カメラ

 

また、孔子孟子の教えたる孔孟教(儒教)では、『義利合一』という概念を説いている。世のため人の為を想う『義』、個人や企業やその家族を潤す『利』、その両面を平等に重んじることなければ、人も企業も淘汰されるという戒めである。出光は、私の『お金に関する考え方』をピタリと言い当てる、このインディアンの諺と、同じ発言をしたということだ。

 

金を生み出したのは人間である。そう。たかだか人間である。しかし、されど人間である。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。』

同じ人物の名言一覧

出光佐三の名言・格言一覧