『出光佐三の言葉』を自分のものにしよう!

出光佐三とは(画像

日本実業家通称『出光興産の創業者』。出光佐三は、日本の実業家であり石油エンジニア、そして出光興産の創業者として知られています。1885年8月22日生まれで1981年3月7日まで生きました。彼が子どもの頃、神経症と眼病を患ったことにより、読書をするよりも自分の頭で考え抜くという習慣を身につけました。25歳の時に、それまでに丁稚として入社した酒井商店から独立し、出光商会を創業します。

出光佐三が残した名言としては、「過去の苦しみを楽しめ」というものがあります。多くの人は昔に戻ってやり直したいと思うところなのですが、彼の場合は若い頃の苦しみが人一倍というレベルではなく、逆に戻りたくないと思えるほどだったそうです。しかしその苦しみがあったからこそ、今ではその時の思いを楽しめるようになったというのですから、並大抵のことではありません。

メニュー

内省記事一覧