『後悔したくない方』はこちら

ロザリオ・モラレス『私は私。そのままを受け止めてくれるか、さもなければ放っといて。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

地球が、概算で50億年前に創られて、地球が、概算で50億年後に衝突して消滅する説が有力なら、だとしたら地球の寿命は、100億年。この、広漠な宇宙と、果てしない時間の規模の中で、『100億年』という数字で収まる限られた命というのは、とても尊い。神がいるかはわからないが、その規模や、宇宙規模で言えば、100億年というのは確かに一瞬の間かもしれない。人類は、最後まで生き残るのであれば、50億年の歴史を持って幕を閉じることになる。

 

もちろんどうなるかはわからない。もっと近い未来で、人口が増幅しすぎて資源が枯渇したり、温暖化がさらに進んで地球に住めなくなったり、まだ知らぬ疫病や、得体の知らぬ地球外生命体、隕石、あるいは、計り知れない天災や、愚かな戦争という人災によって、その寿命が短くなるということも十分にあり得る。

 

戦争

 

かと思えば、その間に火星などの他星移住計画が着々と進んで、銀河同士が衝突する頃には惑星移動のノウハウを完全に習得し、まるで電車や飛行機で異国に難なく移動するように、人類は、その種の保存をひた守るために、新たなる道を切り開き、その命を繋ぎ続けるのかもしれない。しかしだとしても、だとしなくても、過去、未来永劫、自分という存在はたった一つしかないのだ。

 

滅多に見られないダイヤモンド?映画でしか見られないハリウッドスター?100年に一度の金環日食?1000年に一度の地殻変動?とんでもない。それよりも希少なものがあるだろう。

 

仏教の開祖、釈迦は言った。

天上天下唯我独尊』。

 

これは、『自分はこの世で最も崇高な、神なのだ』という意味ではない。

『この世に自分という存在はたった一人しかいない。唯一無二の人生を、悔いの無いように生きるべし。』

 

という、真理を突いた言葉なのである。自分にしか生きれない人生を、生き貫くべし。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』