目次

ラッセル『人間は「自分の死後に、何が起ころうとしているのか」に、思いをはせることが大事である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

大事か大事じゃないか、ということで言えば、大事だ。だが、それを考えても絶対に答えは出ないので、大事ではあるが、些事である。そんなことに囚われて人生を棒に振るうことがあってはならない。ラッセルはこうも言っている。

 

そんな避けられない不幸に時間と感情を浪費している時間はない。

 

もっとも、ソクラテスが言った様に、

ソクラテス

『わたしは、善いことかもしれない死を、はじめから、よくわからないのに恐れて逃げることは絶対にしない。』

 

という発想もあるわけだから、それを『不幸』と勝手に決めつけるのは、いささか早合点である。だがそれでも結局、死後のことなどわかるわけがない。ただ、考えないよりは考える方がいいだろう。そういう人の方が、この人生が有限であることを強く自覚していて、悔いのない人生を送る様、意識することが出来る。

 

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

 

関連する『黄金律

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

同じ人物の名言一覧

ラッセルの名言・格言一覧