『ヒト』を最適化しよう。

ラッセル『賢人は、妨げうる不幸を座視することはしない一方、避けられない不幸に時間と感情を浪費することもしないだろう。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『座視(ざし)』というのは、ただじっと見ているという意味。つまり、不幸な事実に直面した時、それをそのまま丸呑みにし、流され、迎合し、同調して、何の抵抗もせずに、ただ受け入れるだけだというのは『主体的』ではない。『反応的』である。

 

スティーブン・R・コヴィーは、著書『7つの習慣』で、『主体者』と『反応者』の違いをこう断言している。

『率先力を発揮する人としない人との間には、天と地ほどの開きがある。それは、25%や50%の差ではなく、実に5000%以上の効果性の差になるのだ。』

 

つまり、『賢人』と出ている以上、その『反応的な人間と5000%の効果性の差』を持つ、『主体的な人間』でなければならない。だとしたら、ナポレオンの言うように、

 

ということで、自分の進路を妨げようとする不幸な事実に直面した時、『何のこれしき』と言って、敢然とそれに立ち向かう姿勢が欲しい。ただ、その際注意したいことは、それは決して『執着』ではないということ。人間はいずれ死ぬのだ。その絶対的真理を見誤り、命に執着することは無知である。無知の人を『賢人』と言うことはない。

 

フォスディックは言った。

 

人生を至極潔く、エネルギッシュかつ主体的に生き貫きたいものである。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』 『それは『行き止まり』ではない。ただの『曲がり角』だ。』

同じ人物の名言一覧

ラッセルの名言・格言一覧