『ヒト』を最適化しよう。

イチロー『他人の記録を塗り替えるのは7割、8割の力でも可能だが、自分の記録を塗り替えるには10以上の力が必要だ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

いや、実際には他人の場合はケースバイケースだ。『他人』としている以上、その相手は不特定多数だ。つまり、相手が自分よりも格上の人間の場合もあるし、子供が相手ということもある。子供が相手なら、イチローの言う通りだ。5割も使わないで勝てることが多いだろう。だから正確には『7割、8割の力でいけることも全然あるが』だ。

 

だが、最後の言葉ならその通りだ。『自分の記録』というものは、そもそも『過去の自分の最高記録』なのだから、それを超えていくには、ことスポーツということになれば、年齢を重ねれば重ねるほど、身体的能力も劣る可能性が高いわけで、常に『過去と比べて成長した今の自分での10割の力』を出していかないと、自分の記録を塗り替えることはできない。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

イチロー(鈴木一朗)の名言・格言一覧