『ヒト』を最適化しよう。

イチロー『普段と変わらない自分でいることが、僕の支えだからです。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

実はこの言葉の背景にあるテーマは、非常に興味深い事実なのである。イチローが、極めて規則性の高い生活を送ることは知られている。朝の食事で、ご飯の量一ついつもと違うだけで、妻を怒ることもあったというのだ。では、この徹底ぶりにどういう謎が隠されているのか。それは個人的にも兼ねてから引っかかっていたテーマであり、ある脳科学者の本を見たとき、一つの答えが浮き彫りになったのだ。

 

権威ある脳科学者、池谷裕二氏の著書『単純な脳、雑な「私」』にはこうある。

たとえ同じ場所、同じ距離、同じクラブと、全てを同じ条件して打ったとしても、なぜかうまくいくときと、いかないときがあるんだ。それはなぜかって話。(中略)では、その握力の強弱は、何によって決まるのか、というのがこの論文。結論から言うと、それは『脳の揺らぎ』で決まる。(中略)──ゆらぎ。そう。回路の内部には自発活動があって、回路状態がふらふらとゆらいでいる。そして『入力』刺激を受けた回路は、その瞬間の『ゆらぎ』を取り込みつつ、『出力』している。つまり、『入力+ゆらぎ=出力』という計算を行うのが脳なんだ。となると『いつ入力が来るか』が、ものすごく大切だとも言えるよね。だって、その瞬間のゆらぎによって応答が決まってしまうんだから。結局、脳の出力はタイミングの問題になってくる。

 

つまり、イチローやタイガー・ウッズ等、プロ中のプロの選手でも、なぜたまに『外す』ことがあるのか、ということについて、その時行われている『脳の動き』について、知ることが出来たはずだ。脳は、揺らいでいる。その、揺らぎの波をうまくつかんで、自分の理想の出力を生む。これを無意識にでも理解しているイチローは、規則性のある行動を取り、絶好調でいられたときの状況を常にキープすることで、脳の揺らぎを、自分のものにしようとしているのだ。

 

ちょっとでも違う動きを取り入れると、その揺らぎのバランスが崩れ、感覚を支配できない。それであの規則性のある行動を好んで取っているのだ。今回の言葉も、そう考えた時、納得できるのである。しかしそうは言っても完全にはコントロールは出来ない。脳の揺らぎは、100%掴むことは出来ない。だが、それを極めて100%支配に持っていこうとする努力をするのが、サムライ代表、イチローなのである。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』 『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』

同じ人物の名言一覧

イチロー(鈴木一朗)の名言・格言一覧