『ヒト』を最適化しよう。

湯川秀樹『科学は絶えず進歩している。常に明日の飛躍が約束されている。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ボールがあって、それが転がっている。それを思い浮かべた時、確かに次の瞬間も、その次の瞬間も、ボールは前へ前へと動き続けている。だが、普通に想像するのはその『速度』が落ちてしまい、いずれ止まってしまうということ。だとすると、『常に明日は飛躍する』という図式は、ボールのこれとは、違うイメージが必要になる。

 

まるで、バイクや車の様な、『加速していく』もののイメージだ。そうでなければ『飛躍』ということにはならない。『劣化』とか、『低下』とか、とにかく『飛躍』ではない。

 

では、その二つの違いは何だろうか。それは、『エネルギー源』である。『動力』だ。イギリスの詩人、アレキサンダー・ポープは言った。

 

人間がいる限り、この情熱という疾風は巻き起こる。その動力をエネルギーにして、人は、今日も明日も、未踏未達の領域を突き進むのだ。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『人間は今、『最高到達地点』にいない。』 『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』 『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』

同じ人物の名言一覧

湯川秀樹の名言・格言一覧