『ヒト』を最適化しよう。

アレキサンダー・ポープ『私たち一人一人が航海しているこの人生の広漠とした大洋の中で、理性は羅針盤、情熱は疾風。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

どう生きていくかを決断する。それはまるで、大きな大海原の真ん中に居て、四方八方が海、海、海。その中で、どの方向へ、どれだけ向かうかを決めるという、無茶苦茶な決断である。そう、この人生は最初から、無茶苦茶なのだ。どこへ向かうかが正解だということはない。どこに辿り着けば成功だということもない。さしずめ、オギャアと生まれて海の真ん中に堕ちた。そしてそこでいきなり突きつけられるのだ。

 

『早速だが、あなたは死んでしまう。せめてその前に、この世を旅して、死ぬがいい。』

 

それが人生なのである。

 

宮崎駿の名作『もののけ姫』には、こういうワンシーンがある。

『人の運命(さだめ)は変えられない。だが、ただ待つか、自ら赴くかは決められる。』

そういうことなのだ。自分の意志という理性をその船の羅針盤にし、時には『行けるところまで行ってやる』という情熱で自らを駆り立てる人の人生は、まるで疾風という起爆剤を味方にした船の如く、激しくも、鮮やかな生き様である。

 

だが、死ぬのである。

 

しかしどうだろう。だからといってくよくよと『その場所』から動こうとせず、いつまでも船出をしない人間は、本当に『この世を生きた』のだろうか。確かに途中で荒波やサイクロンに飲み込まれ、命を落とすこともあるだろう。だが、そうじゃなくても最初から死ぬのだ。

 

カメラ

 

どれだけこの一生という船出で、生きた証を創れるか。生きた感動を、覚えられるか。夜空に打ち上がる大花火ひとつ観るだけで、人は人生を十分、満喫できるのである。そして命は、繋がれる。血が遺せない人も、知を遺す生き様を、生き貫ける。そこにはあなたの『意志』がある。それは感動だ。この世を生きた、証だ。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧