『ヒト』を最適化しよう。

湯川秀樹『一日生きることは、一歩進むことでありたい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『日進月歩』とは、日ごと月ごとに絶えず進化していく、という意味。

 

教育者の岩淵克郎は言った。

 

彼の言う『逆』の、『一日を一日の如く気楽に生きる』ということはつまり、湯川秀樹のこの言葉の、逆撫でである。

 

イチローは言う。

 

天才、湯川秀樹も同じことを言っているのだ。彼ら天才については、『天才の仕組み』にまとめた。一歩はたしかにたかだか一歩だ。だが、されど一歩だ。一歩の重みを理解するためには、下記の黄金律を見ると良いだろう。

 

カナダの実業家、キングスレイ・ウォードは言った。

 

一歩しか進めない。だが、一歩なら確実に進める。この決定的な事実を真正面から受け止めた人間は、絶大なる力を発揮する。

 

一歩

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。』 『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』

同じ人物の名言一覧

湯川秀樹の名言・格言一覧