『ヒト』を最適化しよう。

湯川秀樹『取り返しのつかない大きな失敗をしたくないなら、早い段階での失敗を恐れてはならない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

元ニューヨーク市長のルドルフ・ジュリアーニが、『割れ窓理論』を徹底追及し、ニューヨークの犯罪率を激減させることに成功させた。『割れ窓理論』とは、『建物の窓が割れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓も間もなく全て壊される』という現象のことを指示した理論である。これを考えた時、湯川秀樹の言葉の意味は、すぐに理解できるようになる。

 

孔子の言葉の超訳、

 

にも書いたが、SMAPの中居正広は、若い頃に『汗かけ、恥かけ、物を欠け』と言われ、肝に銘じて生きてきたと言う。『聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥』という言葉にある様に、我々はかつて、非常識な場所で用を足し、非常識な物を口にした時期を経て、今に至る。その経験があるから、規範意識が固まって成長した今があるのだ。

 

子供

 

ある、『実の親に15年以上の間、軟禁されていた子供』は、それが発覚して、学校に通うことになった時、文字が書けない状態だったという。彼らがもし、皆と同じように小学校に通い、中学校に通っていて、そこで失敗し、学習し、経験を積み重ねていたのなら、文字は書けたのである。このことについてじっくりと考えるべきである。

 

確かに彼らはその母親を訴えることはなかった。彼らなりにその親の愛情をくみ取り、そうして心底から恨むことはできなかったからだ。ただ、その後に学校に通って文字を書く練習をしている様子を見て私は、義務教育の大切さを思い知った。彼らの母親は、子供達に危険な思いをしてもらいたくなかった。カーテンを開けると、

 

外の世界に興味を持つな!外は危険な世界だ!

 

危険

 

と怒鳴り散らし、外の世界に強迫観念を植え付けたその母親は、彼女なりに彼ら子供のことを、愛していたのだ。しかし、『愛』とは奪うことではなく、与えることだ。彼女は自分が認識する愛のカタチを過信し、彼らの自由を奪った。確かに、その15年の間、社会では大勢の人の命が奪われただろう。だが、彼らはそんな中、生き残ることができた。

 

ソクラテスは言った。

 

ソクラテス

 

 

ソクラテスの考え方に触れると、彼女のやったことが『真の悪』かどうかは首をかしげざるを得ない。

 

だが、人間はいずれ死ぬのだ。たとえ自分の生きている間その子供たちの命を守ったとしても、自分が死んだ後はどうする。子供たちはどうやって生きていけばいいのか。それとも、『自分が生きている間だけ、子供に生きていてもらえればそれでいい』のか。もしそうなのだとしたら、彼女の愛など大したことはない。

 

いいんだ。どうせ死ぬんだ。いつ死ぬかはわからない。だが、思う存分この一生を旅してから死ぬべきなのだ。親が子供に教えるべき人生の生き方は、『現実逃避』ではなく、『悔いのない航海』である。

 

子供

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

湯川秀樹の名言・格言一覧