名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

タイガー・ウッズ 名言/格言

タイガー・ウッズ

 

エルドリック・タイガー・ウッズとは(画像

アメリカプロゴルファー。生誕1975年。エルドリック・タイガー・ウッズは、1975年12月30日、アメリカのカリフォルニア州で生まれました。言わずと知れた天才ゴルファーであり、長いゴルフの歴史において帝王ジャック・ニクラウスと並ぶ地位を築いています。全米ジュニアアマチュア選手権と全米アマチュア選手権でそれぞれ3連覇を達成した後プロに転向し、それからわずか10カ月の間に、マスターズをはじめ7大会で優勝します。その後も現在までたくさんの賞を獲得しています。

 

華々しい経歴を誇るウッズですが、嫌がらせや人種差別を受けたり、女性問題を抱えたりと決してその歩みは楽なものではありません。それでも、強靭なメンタルとたゆまぬ努力で打ち克ってきました。「夢を捨てるということは希望を捨てるということだ。人は希望を失ったら何も残らない」という言葉がそれを裏付けています。

 

 

スポンサーリンク

 

タイガー・ウッズの言葉

 

『届かないパットは絶対にカップインしない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

積極的な失敗は、消極的な失敗よりも価値がある。こういう言葉がある。『二塁に片足をつけたまま、三塁に進むことはできない。』

>>続きを見る

 

『私はできる限りのことをしている。しかし、ときには自分の思うようにはならない。ものごととはそういうものなんだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

自分の思い通りにならないことはたくさんある。だが、正直、自分の思い通りに事を運びたい。それに、意識すれば自分の思い通りに事を運ぶことが出来ることがある。

>>続きを見る

 

『大きな夢を持って、その夢を持ち続けるんだ。その夢はきっと、君を他の人とは違う、特別な存在にしてくれる。』

 

カテゴリー:自己/精神

『ゲシュタルトの破壊と創造』とは、難しい話でも何でもない。10年後の自分のゲシュタルト(人格)を設定する。

>>続きを見る

 

『夢を捨てるってことは希望を捨てるってことだ。希望を失えば、人には何も残らない』

 

カテゴリー:不幸/失敗

人は死ぬ。この事実をどう曲解するのも別に自由だが、いずれ見て見ぬフリは出来なくなるだろう。『絶対に』だ。だが、そう言われると目を逸らしたくなる気持ちも当然わかる。私も単なる人間だからだ。

>>続きを見る

 

『嫌なことは10歩歩けば忘れる』

 

カテゴリー:不幸/失敗

普通に考えると、それはあり得ない現象である。例えば不治の病と言われるような、余命にも関わる大病を患った。そんな中、10歩歩いて、そのことを忘れるということは、あり得ない

>>続きを見る

 

『たとえ劣勢にあっても、逃げないこと。たとえどんなに負けていても、自分は勝てると、いつも信じなくてはならない』

 

カテゴリー:不幸/失敗

アファメーションとは、まさにそのこと。(自分は出来る!)と言い聞かせる、自己暗示のようなものである。人間は、このアファメーションというある種の自己暗示によって、自らを奮い立たせ、鼓舞し、試練に立ち向かうエネルギーを捻出することが出来る。

>>続きを見る

 

『まだ僕のゴルフは自分の目指すべきところに到達していない』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

自分で自分の限界値を定めたらダメだ。そこが本当に限界になってしまう。このメーターで見た時に、それが一目瞭然だ。上が、限界を定めなかった人。下が、限界を定めた人。下の人は、あそこで勝手に『赤(限界)』になってしまっている。しかし、上は『緑』のまま。それは余裕であり、伸びしろがある証拠である。

>>続きを見る

 

『次のタイガー・ウッズになろうとか、ジャック・ニクラスになろうなんて考えない方が良いと思うよ。自分のベストになることを目指すべきだ』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

デール・カーネギーの名著『道は開ける』一文にこうある。才能のあった駆け出しの作曲家ガーシュイン。バーリンという経営者がガーシュインの才能に惚れ込み、自分の音楽秘書になってくれれば今までの給料の3倍を払ってもよいと申し出た。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP