『ヒト』を最適化しよう。

イチロー『すぐ、調子に乗るし、すぐ、自信も失ってしまう。その中間が欲しい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『雰囲気の差が、激しい。すぐ、調子に乗るし、すぐ、自信も失ってしまう。その中間が欲しい。』

 

これがまさしく、『勝って奢らず、負けて腐らず』ということである。良いことがあれば、浮ついて、悪いことがあれば、落ち込んで、そういう波を、どこかこう、『人間として当然の波だ』という様な風潮が蔓延している。

 

(そうして一喜一憂していくべきなんだ。)

 

という風潮だ。それっぽい事実をここに持ってくるのだ。例えば、『出産』である。普通、それで平常心を保っている親は、ちょっと不気味だ。そういう時に大いに喜ぶ姿を見て人は『人間らしさ』を知ることがある。だが、そういう話を持ちこむから逆に話が複雑になるのだ。それは、『喜ぶこと』であり、それは良いのだ。今出ている話は、『浮つく、調子に乗る』なのであり、誰も『喜んではいけない』とは言っていないのである。このラインが絶妙なのだ。見るべきなのは以下の黄金律。

 

『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』

 

勝って奢らず、負けて腐らずだ。平常心、克己心があればいい。ないなら外部を支えとし、それに依存することで、環境に簡単に左右されるようになり、浮つき、落ち込むだろう。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』 『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』

同じ人物の名言一覧

イチロー(鈴木一朗)の名言・格言一覧