『ヒト』を最適化しよう。

松田優作『人間は二度死ぬ。肉体が滅びた時と、みんなに忘れ去られた時だ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『血』を遺せない人がいる。事情によって、それが出来ない人がいる。では、そういう人は、『悲劇』なのだろうか。『不幸』なのだろうか。そういう人が遺せるものは、何もないのだろうか。

 

いや、ある。

 

それは、『知』である。だとしたらそれは間違いなく『血』となる。

 

あの人の血が脈々とこの家族(学校、会社、組織、世界)に流れているんだ。

 

そう言われるとき、そこにあるのは確かに『血』である。その人の教えであり、生き様である。

 

人間の『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

 

彼らの血がもし絶えたとしても、『知』は永遠に遺り続ける。

 

よく、人が死ぬ間際、大声で叫ぶシーンを映画やなんかで見かけることがある。あれは一体、なぜそうするのだろうか。そこには、今回考えているテーマが深く関係しているのだ。たった一度のこの人生で、我々はどこまでのことが出来るか。唯一無二の『命の声』に、耳を傾けよ。

 

関連リンク:

Dr.ヒルルク『人はいつ死ぬと思う…?……人に 忘れられた時さ…!!』

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

松田優作名言・格言一覧