『ヒト』を最適化しよう。

松田優作『足を5センチ切ろうかと思った。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

人気抜群のアクションスターとして活躍を重ねていた彼は、自分に常に不満を抱いていた。固まってしまった自分の役者としてのイメージを一新したい。そう思った彼は、『野獣死すべし』で、革命を起こすことを決意した。格好よさや強さで魅せるヒーロー像から脱却するため、奥歯を4本抜いて頬をそげさせ、体重を10キロ減量した。さらに、高すぎる身長もよくない、と考えた松田が、当時を振り返って言った言葉がこれである。

 

39歳で癌によりこの世を去った松田は、自分が癌と知りながらそれを周囲に隠して映画に出演していた。韓国の天才棋士、趙治勲も、

 

と言ったが、どうすれば偉業が達成できるか。どうすればこのたった一度の人生に悔いを残さないか。これらのヒントは、彼らの生き様の中にある。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧