『後悔したくない方』はこちら

石川啄木『われわれが書斎の窓からのぞいたり、ほお杖ついて考えたりするよりも、人生というものは、もっと広い、深い、もっと複雑で、そしてもっと融通のきくものである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

考えるのはいいことだ。書斎で思慮にふけ、本を読み、創作活動をすることは知的である。

 

フランスの哲学者、パスカルは言った。

 

パスカルの言う様に、むしろ私は、一人で内省する時間を確保できない人間に、可能性などないと断言したい。なにしろ、『四聖』に数えられる、孔子ソクラテスブッダキリストの教えの共通点こそが、『自分の心と向き合う』ということだったのだ。だがもちろん、それを踏まえたうえで考えるべきなのは、『この世』とは、机の前だけではないということ。

 

世界のスズキ、鈴木修会長は言った。

 

あるいは、小説家、田山花袋は言った。

 

もし、思慮にふけこみ過ぎて、頭が混乱し、人間や世間に対して不信感を抱いてしまうようなら、机の前からにいつまでも座ってないほうが良い。

 

ゲーテは言う。

 

あるいはこうも言う。

 

まずは旅をするのだ。実際に自分の足でその地に向かい、苦労して絶景に辿り着くべし。そこから見える世界は、テレビで観る景色とはまるで次元が違う。我々はこの地球に生まれて、そして死んでいく。その中で何が出来るか、自分と対話するのだ。それは、机の前でした対話とは全く違うものになる。従って、このたった一度の人生に対する新しい見解が生まれ、この人生を悔いの無いように生きようと、誓う事だろう。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧