Contents

井植歳男『どんなときでも、相手の立場をまず考えよう。相手の便利、経済、楽しみ、喜び、そして繁栄が第一だ。それを自分の事業に結び付けてこそ自分の幸福が得られるのだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

利便性のあるものは強い。どんなに老舗で、信用されていて、市場に根強く浸透していても、利便性が飛びぬけた製品やサービスを展開させた企業は、市場のニーズをたちまちのうちにかっさらう。例えば、パソコンだ。検索エンジンだ。この登場によって、世界の形は大きく変わった。そしてその後はスマートフォンだ。今、ホームページの流入は、数年前まではほとんどパソコンからだけだったものが、7:3の割合で、スマホからのアクセスになっている。

 

 

理由は簡単だ。『その方が便利』だからだ。便利なものに人間は惹かれていくのだ。つまり、利益だ。メリットだ。相手が『得』をすることをまず第一に考えなければならない。それが人間の心理だ。自分の私利私欲を満たすことを第一に考えることなど言語道断。

 

松下幸之助はこう言った。

 

この理論を理解していなければ、自分の繁栄は永久に訪れない。訪れたと思ってもそれは、一時的な勘違いである。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

チャールズ・ブコウスキー『書くことの目的はまず第一に、愚かな自分自身の救済だ。』 アンドレ・モーロア『人生は短い。たとえ、それを長いと思って過ごしている人たちにとっても。』 D・H・ローレンス『将来のことを考えていると憂鬱になったので、そんなことはやめてマーマレードを作ることにした。オレンジを刻んだり、床を磨いたりするうちに、気分が明るくなっていくのには全くびっくりする。』

 

関連する『黄金律

『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。』

同じ人物の名言一覧