『ヒト』を最適化しよう。

本田宗一郎『多くの人は皆、成功を夢見、望んでいますが、私は『成功は、99パーセントの失敗に与えられた1パーセントだ』と思っています。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『多くの人は皆、成功を夢見、望んでいますが、私は『成功は、99パーセントの失敗に与えられた1パーセントだ』と思っています。開拓者精神によって自ら新しい世界に挑み、失敗、反省、勇気という3つの道具を繰り返して使うことによってのみ、最後の成功という結果に達することができると私は信じています。』

 

エジソンは言う。

 

エジソンや本田宗一郎の言葉をよく考えてみると、実は、皆が見ている『成功』というのは、『1%の部分』でしかなく、その裏に、背景に、『99%の報われないドラマ』の要素があったのだ。

 

それが報われない時もある。例えばエジソンはこうも言っている。

 

最後の『1%』だけが『成功』であり、『輝き』であり、辛酸をなめ、泥沼に足を突っ込んでもがいている『99%の時期』は、人からは見向きもされないのだ。『天才の仕組み』に書いた『絶対的な努力』は、まさにそのことについて書いた記事だ。

 

だが、それがどうしたというのだ。総括するとこういうことである。今が報われないなら、それはただ『99%の時期』だという理由だけだ。人などどうせ『1%(成功した結果)』しか見ない。しかしどう考えても重要なのは、そこに辿り着くために費やした『99%の時期』だ。そう考えると、今が最も価値ある重要な時期。

 

『1%』しか見ない人間の目が気になるのか?なぜだ。彼らにどれほどの見識があるというのだ。気にするべきなのは、彼らの目線や評価ではない。1%』のみに差す、栄光の光ではないのだ。そういうまやかしに一切囚われる事の無いその報われない99%の時期に、どれだけ不撓不屈で臨めるかどうかが、人間の真価を決めるのだ。

 

ドストエフスキーは言った。

 

最後の1%の光が差したとき、

 

(なんだ、もう終わりかよ)

 

と言えるぐらいの、恬淡とした態度が欲しいのだ。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

本田宗一郎の名言・格言一覧