『ヒト』を最適化しよう。

本田宗一郎『自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。』

 

本田宗一郎はこうも言い、

 

宮沢賢治はこう言う。

 

そして、『四人の教師』にはこうある。

人の心を本当に動かすにはその人の体験から滲み出る行いと言葉しかない。知識だけでは人は共感を感じないからだ。

 

『自己の重要感』とは自分が重要な存在だと認められたことの認識つまり、軽んじられて、見下された、とは正反対の認識である。

 

デール・カーネギーの著書『人を動かす』には、その『自己の重要感』についての重要性が書いてある。人が、初めて『人の気持ちを理解』するようになったのは、(痛っ、あれ、痛いんだよな!)と、人が身体をどこかにぶつけて痛がるのを見た時等、そういう『痛みの共感』だったと言う。それならば、『人の気持ちを理解できる人』は、『自分が同じように痛みも悲しみも経験した人』なのだ。これらの事実を理解した後に本田宗一郎の言葉を聞くと、彼の言葉が極めて的を射ていることを知るだろう。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧

本田宗一郎の名言・格言一覧