『ヒト』を最適化しよう。

本田宗一郎『苦しい時もある。夜眠れぬこともあるだろう。どうしても壁がつき破れなくて、俺はダメな人間だと劣等感にさいなまれるかもしれない。私自身、その繰り返しだった。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

しかし、屈しなかったのだ。たったそれだけのことなのである。

 

現代の経営の神、稲盛和夫は言った。

 

そして、エジソンは言った。

 

つまりこういうことだ。苦しくても、夜眠れなくても、壁が突き破れなくても、劣等感に苛まれそうになっても、それが繰り返されても、ゴールが見えなくても、絶対に屈しない。多くの偉人の力強い言葉を見てきたが、彼らに共通しているのは、そういう不撓不屈の精神である。例えば、下記の記事を見てみよう。

 

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

ここに挙げた錚々たる人物たちは、全てみんな、本田宗一郎の言葉がすんなりと理解できるのである。

 

『苦しい時もある。夜眠れぬこともあるだろう。どうしても壁がつき破れなくて、俺はダメな人間だと劣等感にさいなまれるかもしれない。私自身、その繰り返しだった。』

 

いいんだ。大変で。そもそも、『大変』とは『大きく変わる』と書く。人は皆大変な思いをして、一回り大きな人間に昇華するのだ。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

 

そして壁にぶつかったなら、こういう黄金律も有効になるだろう。

 

『それは『行き止まり』ではない。ただの『曲がり角』だ。』

 

どうせ死ぬのだ。妥協するのはそれだけで十分だろう。人間は最後の一呼吸まで、戦い続けることを強いられている、いや、戦い続けることができる、戦士だ。まだまだ人生は、これからである。

 

 

関連リンク:ビビ『船でちゃんと学んだのよ!!諦めの悪さなら!!』

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』 『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

本田宗一郎の名言・格言一覧