『ヒト』を最適化しよう。

法然『一丈の堀を越えんと思わん人は、一丈五尺を越えんと励むべし。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

意味は、幅一丈(約3メートル)の堀を飛び越えようと思うなら、その1.5倍の堀を飛び越えるぐらい練習しないと(または、そういう気構えで飛ばないと)、成功しないものである。というもの。

 

 

スティーブ・ジョブズも、

 

と言ったが、やるときは徹底的にやることを念頭置きたい。

 

現代の経営の神、稲盛和夫も、

 

と言ったが、『誰にも負けない努力』を、『続ける』と言っているのだから、ここに必要なエネルギーは、並大抵のそれではない。3メートルだからといって、2.8メートル~3.2メートルくらいの、ギリギリの練習をして、それで群を抜く結果が出せると思っているのなら、一生その壁の向こうには進めないことを悟る必要がある。

 

カップラーメンの創始者、安藤百福も、

 

と言ったが、例えば、同じような製品を打ち出しても、ある企業だけは世界的に有名になり、ある企業の方は全く浸透しなかった、ということがあるように、そこでは間違いなく『勝負』が行われたのだ。だとしたら、勝たなければリソース(ヒト、モノ、カネ)の全てが報われないのである。なんとしてでも乗り越えて見せる、という強いエネルギーを捻出するべし。

 

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』

同じ人物の名言一覧