『ヒト』を最適化しよう。

ベンジャミン・フランクリン『愚者の心は言葉に宿り、賢者の言葉は心に宿る。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

タモリは言った。

 

しかしタモリはその記事に書いたとおり、名言自体が嫌いなのではない。松坂桃李の名前の由来が、すぐに司馬遷の言葉から来ていることに気づいた。

 

名言を言おうとする人間、愚者というものは、『その言葉を言っている自分に悦に入っている』ことが多い。それはまるで、最強の名刀と言われた刀が、かつて、最強の侍と、最強の刀鍛冶の切磋琢磨によって作り出された、壮絶なドラマがあったというのに、そのドラマを知らない馬鹿な二世や三世が、その刀を振り回してやたらめったらに町民を斬り、その名刀と、かつてのドラマの名誉を傷つける行為に似ている。

 

その刀が相応しいとして作り上げられた名刀を、その刀を振り回す価値のない人間が手に取って、誤った使い方をされる。これを見た当時を知る古株は、きっとこう言うことだろう。

 

刀が泣いてるよ。

 

タモリはこうも言ったが、

 

つまるところ、愚者は『言葉を語り』、賢者は『心を語る』のだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。』 『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。』

同じ人物の名言一覧