『ヒト』を最適化しよう。

ヘンリー・S・ハスキンズ『ほとんどたいていの物事は、何の疑いもなく朗らかに受け入れれば、様相をあらたにする。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

例えば私は父親が17歳の時に死んだが、その時、あるいはその前は、

 

『死ねよ』

 

と思っていた割には、いざ死ぬとなると、

 

(え?死ぬってなに)

 

と思ったものだった。つまり私は、『死を受け入れてなかった』のだ。だから『死ねよ』と思っていたのである。そして、死んでいく父親の事を考えた時、封印していたはずの涙がこぼれた。

 

涙

 

まるで、それが今まで押し込めていた頑なな感情を解き放ったかのように、父親との思い出を思いだし、自分の至らない点を内省しだし、死ぬまでの時間に何が出来るかを考えた。すると、それまでは本当に死んで欲しいと願っていた父親の存在が、急に愛おしくなり、あるいは、まるで身体の一部が切り落とされるかのような、そういう錯覚さえ覚えたのだ。

 

そして父親は死んだ。それは一体自分にとって、どういうことだったのだろうか。だとすると母親も死ぬし、私もいずれ死ぬ。死ぬという事は、こういうことなのか。 今まで流れていたその人の周りにあった空気や、思想が、全てこの世から消え失せ、無かったことのように記憶の片隅に追いやられていく。

 

こんなに虚しい存在だったのか。

 

こんなに儚い存在だったのか。

 

だったら、『死ね』だなんて、思わなければよかった。思わなくても、死ぬからだ。恨まなくても、最後は愛おしいからだ。儚いからこそ尊い。それが、我々が生きている、この人生である。私は父の死を通して『死』を真正面から受け入れ、それを理解したとき、この人生が何であるかを知った。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』