『ヒト』を最適化しよう。

ベンジャミン・ディズレーリ『時は貴重である。真実はそれ以上に貴重である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

時は本当に貴重だ。時間だけは、まず間違いなく、極めて高い確率で、もう二度と、返ってくることはない。死んだ人も、甦ることは無い。それが本当にわかったとき、ジャン・パウルのこういう言葉が身に沁みるはずである。

 

『一年の価値を知りたければ、大学受験に失敗した学生に聞くといい。一ヶ月の価値を知りたければ、未熟児を産んだ母親に聞くといい。一週間の価値を知りたければ、週刊誌の編集者に聞くといい。一日の価値を知りたければ、六人の子を抱えた日雇い労働者に聞くといい。一時間の価値を知りたければ、逢瀬を待つ恋人たちに聞くといい。一分の価値を知りたければ、最終電車に乗り遅れた者に聞くといい。一秒の価値を知りたければ、事故から生還した者に聞くといい。1,000分の1秒の価値を知りたければ、オリンピックで銀メダルに終わった者に聞くといい。』

 

ここまで考えた上で改めて考え直しても、時は金なり。とても貴重な財産なのである。だが、それよりも重要なのが『真実』であると言う。それはそうだろう。『長生きをする老人』がいたとする。しかし、その老人は『武器麻薬の密売人』であり、『人身売買』や『臓器売買』も当然のようにやってきて、自分の私利私欲を満たす為だけに財を追い続け、大量の金だけ残して引退し、姿形を全身整形で変え、全く知らない土地で、のんびりと余生を過ごすことを決めた人間だった。

 

 

彼の人生は、一見するととても優雅である。しかし、彼が手に入れた『時間』は、本当に誠実な時間だろうか。

 

私は、人の10倍の速度で歳を取る女性の人生を観た。彼女は当然、自分の両親よりも早くに歳を取り、死んでいった。しかし、大好きなペットショップで働き、遠い異国にいる同じ境遇を持った男性に、恋もしていた。私は自問した。彼女よりも尊い一生が、自分に過ごせるのかどうかと、そしたら、その答えは『No』だった。確かに彼女がこの世で息をした時間は短かった。しかし、私が彼女よりも尊い時間を過ごせるかと自問した時、その答えが『No』だったのだ。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧