Contents|目次

フランソワ・ラブレー『時間は真理の父である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『時間は真理の父である。』Le temps est père de vérité.

 

ドイツの哲学者、ヘルダーは言った。

 

『時間=暴君』

 

ということになると、フランソワ・ラブレーが『時間は真理の父』と言ってるから、

 

『真理=暴君』

 

ということになるが、そういう乱暴な印象で合っているだろうか。

 

 

合っている。何しろ、『乱暴』というのはそもそも『人間の勝手な判断』であり、人間は、『人間の意志を無視する一切の事象に対し、乱暴であると認識する』わけだから、人間がする表現は、その表現で合っているのだ。しかし、『暴君(時間)も真理の内の一つ』なのである揺るぎない確固たるものなのだ。そこに人間の意志など、介入する余地はない。

 

だが、シェイクスピアが言うように、

 

人は、時間をどうのこうの出来るわけではないが、逆に、『時間があるのを見たことがある人はいない』わけで、だとしたら、『それに打ち克とう』とする人は、鋭い。

 

イチローは言った。

 

真理は、変えることは出来ない。時間はその代表的な概念であり、同じく、変えることは出来ない。そして、その『変えることの出来ない事実』に立ち向かう人間はとても高潔に見え、そこにはロマンがあり、ドラマチックであり、事実、それだけの気運を、そこに巻き起こすことが出来るようになる。

 

しかし、それでも人は間違いなく、もれなく絶対に、死ぬ。だとしたら、やはり絶対に逆らえない『真理』が働いていることになる。『時間』が生命の灯を衰退させるのか、『真理』が生命の灯を打ち消すのか、それはわからないが、『ニヒリズム(虚無主義)』の人間が発想するように、この世には神も真理も何もない、という実態のことを考えると、

 

『真理はある』

 

と仮定したとき、『時間は真理の父』となるのである。

 

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』
『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

安岡正篤『病弱とか、愚鈍であるとか、貧乏であるとか、多忙であるとかいうことは、逆に自分自身を鍛錬する非常な妙薬、否、妙薬以上のものであります。』 プレヴォ『女は自分の美点のために愛されることにときとして同意するが、常に好むのは、自分の欠点のために愛してくれる人のほうだ。』 養老孟司『人生の分かれ道で、安全な方と危ない方があれば、危ない方を選べ。』

 

関連する『黄金律

『人間は今、「最高到達地点」にいない。』

同じ人物の名言一覧

フランソワ・ラブレーの名言・格言一覧