『ヒト』を最適化しよう。

P.ギュット『我々が誕生の日の受け取る人生は真の人生の前渡しに過ぎず、 真の人生は我々が一人で見つけねばならない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

ゲーテは言った。

 

ルソーは言った。

 

我々は遅かれ早かれ、2回目の人生を探す旅に出る。そして遅かれ早かれ、それを見つけた後は、2回目の人生を生きる。

 

イギリスの詩人、アレキサンダー・ポープの言う様に、

 

確かにこの広大な人生という海の中で、自分の行くべき方向を定め、それに向かって突き進むことは、容易ではない。容易ではないが、 容易ではないからこそ、我々には情熱という生きるエネルギーが爆発し、そのエネルギー源でもって、この船をその方向へと、邁進させることが出来るのだ。

 

舵

 

容易であれば、例えば風が勝手に運んでくれる。それはとても、容易だ。任せていればいい。主体性などいらない。エネルギー源などいらない。だから我々は嘆いている暇などないのだ。容易どころか、虚しく、儚いこの人生に、憂いている時間はないのだ。

 

どの道ヘルマン・ヘッセの言う様に、

 

最後は一人だ。いや、最初から人は一人でこの世に誕生し、一人でこの世を去るのだ。だとしたら自分の人生の舵を握るのは誰だ。船に誰を乗せようと勝手だ。だが、その選択の権利を持っているのも、たった一度の自分の人生の舵を握るのも、一体誰なのだ。

 

舵

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』