Contents

新島襄『私の胸中には一点の曇りもない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

何かの漫画にも『我が人生に一片の悔いなし』と言って生涯を終えるシーンがあったが、新島襄がこの言葉を言ったのも、人生の黄昏時だったという。一度、『漫画』だとか、『人物像』だとか、そういうことをリセットして、ニュートラルにこの言葉の持つ意味を真剣に考えてみる。すると、見えて来るはずだ。この言葉を心底から言った人間の人生が、『これ以上ないくらい完結している』という姿が。

 

バーナード・ショーはこう言い、

 

ゲレルトはこう言った。

 

モンテーニュにしてみれば、こうだ。

 

そんな中、自分の人生が本当に『一片も悔いのない人生』なのであれば、そこにあった人生とは、間違いなく類稀なる尊い輝きを放っている。我々は人生の黄昏時を向て、そう言い放つことが出来るだろうか。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

J・D・サリンジャー『何でもそうだが、あんまりうまくなると、よっぽど気をつけないと、すぐこれ見よがしになってしまうものだ。そうなったら、うまくも何ともなくなる。』 大塚陸穀『ネガティブな要素から目をそらすのではなく、正面から受け止め、お客様のおっしゃることに一理あるなと思えば、それをどのように取り入れるか。』 串田孫一『裏切りがいやならば期待はしないほうが賢明だ。だから裏切りの大きさは期待の熱意に正比例する。』

 

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧