『後悔したくない方』はこちら

永倉万治『何かをやって時間を損するということは絶対にない。貧乏旅をすれば、大学を二つ出たようなものだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

人生というものは、大学を出る為にあるのではない。その逆で、人生を生きるために、大学があるのだ。つまるところ、重要なのは『人生』の方である。これらの『麻痺』に近いものとして、こういう話がある。

『残業残業。残業をしなければいけない風潮が会社に蔓延していて、残業をすると、会社で英雄になれると思い込む。そういう人が後を絶たない。だが彼らは、仕事をさぼってはならないという強迫観念に襲われ、本当に重要な、人生をさぼってしまっているのだ。』

 

 

電力王、松永安左エ門は言った。

 

無駄な時間などない。むしろそれらは、『深化の時期』だ。私はよく困難や試練を『学校』だと捉えることがある。だからよく使う言葉は『遠隔授業』だ。例えば、Webの仕事をしていて検索エンジンで利益が影響してくるSEOのことを考えているとき、Googleの様々なアップデートでどんどん条件が変わり、ランキングが落とされることがある。

 

ランキング

 

だが、それは逆にチャンスだと捉えることにしている。下記の黄金律を理解していることもある。

 

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

 

そういうとき、往々にして人が思うのは(一体なぜなんだ)ということだが、理由があってそういうアップデートをしていて、ランキングを決めているという決定的な事実に目を向けるべきなのである。

 

その延長線上にあるのは検索エンジンを使うユーザーが満足のいく結果だ。Googleはたったそれだけのことを目指して日々精進しているに過ぎない。その検索結果に自身のアピールサイトを載せ、そこで利益を上げようとする人や企業は皆、その決定的な事実に目を向けるべきなのである。

 

だとしたら毎回の日々のそうしたアップデートは、『Googleの遠隔授業』だ。Googleのような義と利のバランスをとるような存在がなければ、人は利に傾き、検索結果は混沌とし、すべてが崩壊するだろう。彼らもまた、今まで数えきれないほどのスパム行為を受けて、それと向き合い、改善してきたのだ。

 

スパム

 

『何かをやって時間を損するということは絶対にない。貧乏旅をすれば、大学を二つ出たようなものだ。』

 

正直に言って、このアップデートのおかげでサイト運営者たちは、結果的により優れたコンテンツを作るようになっている。そうしなければ生き残れないからだ。

 

天才相場師のジョージ・ソロスは言う。

 

生き残ることさえできれば利益は後でついてくる。どんな壁が目の前に立ちふさがろうとも、それを乗り越えることに屈してはならない。それらは全て無駄にならない。むしろ身になる。レベルアップのための経験値となる。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧