名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

松永安左エ門『実業人が実業人として完成する為には、三つの段階を通らぬとダメだ。第一は長い闘病生活、第二は長い浪人生活、第三は長い投獄生活である。このうちの一つくらいは通らないと、実業人のはしくれにもならない。』

松永安左エ門


日本実業家 松永安左エ門画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


現在の東京電力に当たる大株主でもあった松永は、福沢諭吉の『学問のすすめ』に感激し、1889年(明治22年)に東京へ出て慶應義塾に入学。戦後のGHQによる政策で民営化をするまでトップに君臨し続けた、『電力の鬼』とも言われる猛者である。

 

では、

 

  • 長い闘病
  • 長い浪人
  • 長い投獄
  •  

    この3つの共通点は何だろうか。

     

    それは、『自分という人間と向き合う時間を長く確保できる』ということである。

     

    向き合う

     

    反省、猛省、内省、内観の順番で、人は自分の心と向き合う深さが変わる。普段ちょっとしたことで怒られたり失敗をして考えるのは、『反省』のレベルにすぎない。重度の失敗をし、ひどく落ち込むような結果の後にするのが『猛省』。そして、そういう『後始末』的な発想ではなく、自らの意志でもって自分の心と対話し、『前始末』的に自分の心を整える。それが『内省』だ。

     

    トップをひた走るトップ企業の経営者の多くは、往々にして寝る前や朝に30分ほど内省の時間を設けている。瞑想でもいいし、日誌でもいいし、ジョギングやウォーキング中でもいいが、心や思考を整理し、理路整然とした状態をキープしなければ、大人数の命を乗せた大きな船の舵を握る、船長は務まらないのである。

     

    だが、世の中にはもう一つ深い階層がある。それが『内観』によって得られる世界である。仏教の開祖ブッダが行ったのは『ヴィパッサナー瞑想』と言われる瞑想だが、あれもこの内観の一種なのである。

     

    瞑想

     

     

     

    ヴィパッサナーとは、「よく観る」「物事をあるがままに見る」という意味である。 これは別に仏教という宗教儀式でも何でもない。全ての人間が自由に出来ることだし、やるべきことであると経験者である私は確信する。

     

    だがそれを行うべく環境が整うのは、往々にして松永安左エ門がいう状況になってから。この言葉には、そういう深い意味合いがあるのだ。励ます言葉にもなっている。

     

    今がそういう憂うべく状況であっても憂う必要はないと。むしろ人生の真珠は、陽の当たらない深海にあるのだと。

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

    人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


    >>続きを見る

     

    6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

    孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

     

     

    黄金律

    『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

     

    黄金律

    『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

     

    黄金律

    『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

     

     

    黄金律

    『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

     

     

     

    松永安左エ門『実業人が実業人として完成する為には、三つの段階を通らぬとダメだ。第一は長い闘病生活、第二は長い浪人生活、第三は長い投獄生活である。このうちの一つくらいは通らないと、実業人のはしくれにもならない。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『意気地さえあれば失敗などということは人生にないと思う。そして、失敗によって人は鍛えられるのだ。』

     

    『ひとつの力を養ったら、二の欲を出せ。二の力を得たら、三の欲を出せ。人間は決して小成に甘んじてはならない。だが、小成を馬鹿にしてはならぬ。』

     

    『世の中には人を馬鹿にしたがる奴と、馬鹿にされることを気に病む者とがある。いずれも馬鹿な話で、世渡りには、人を馬鹿にしてもいけないし、馬鹿にされても馬鹿にならぬ、その心がけが大切だ。』

     

    『勝ち負けがあるからには、いつも必ず勝たねばならぬとは限らぬ。』

     

    『どうせ人間、欠点もあれば長所もある。欠点はある場合は長所、長所も欠点になる。幸運は幸運にあらず、不運も幸運に通ずと思うからいっこうに気にならない。』

     

    『「青年は明日を思い、老人は過去を憶(おも)う」とするなれば、私も青年のつもりである。』

     

    『人間は商売をするために生まれてきたものではない。金を貯めるために生まれてきたものでもない。政治をするためでもない。』

     

    『「後悔なし」と威張れるほどではないが、自分の甲羅に似た穴を掘って、生きてきたつもりである。』

     

    『小さな妥協は小さな人物でもできるが、大きな妥協は大きな人物にならなければできない。』

     

    『人事というものは尽きるところがない。中途半端で投げ出して、我は人事を尽せりという人の了見がわからぬ。死ぬまで事は片づかぬ。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP