目次

アリストテレス『人間の行動はすべて次の七つの原因のひとつ、もしくはそれ以上のものが合わさり起こる。機会・本性・強制・習慣・理性・情熱・希望の七つである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

機会:チャンスとも読む。機会やチャンスという『外的要因』があれば、それに『反応』して、人間は行動を起こす。例えば、『誘われたから行った、受けた、乗った』などというアクションを起こす。

 

本性:『本能』にも近い。マズローの『5F』に言わせれば、

 

  1. Fucking(性欲)
  2. Flocking(群衆欲)
  3. Fighting(闘争欲)
  4. Feeding(食欲)
  5. Freeing(逃走欲)

 

これらは全て本能であり、植えついている野性である。これはここでいう『本性』の実態だ。『逃げる』ということは、誤魔化したり、先延ばしにしたり、見て見ぬフリをすることも、そのアクションのうちの範囲内である。

 

 

強制:強制的に行動を強いられることがある。その時は、自分の意志に関係なく行動を促されるわけだが、ムチを入れられて働かされる奴隷の様に、人間はそういう外的要因の圧力が加わると、アクションを起こす。

 

習慣:『3週間続ければ一生が変わる』という本があるくらいだ。あるいは、バーナード・ショーに言わせれば、

 

ということで、食事の好みや、摂取タイミング、睡眠、運動、排泄のそれらも全て、自分の居心地の良さを貫いた延長線上で身についた習慣故、それにそのまま惰性的に支配されて、人間は行動を取ってしまうことが多い。

 

理性:『道徳心』や『規範意識』と言ってもいいが、例えばwikipediaの規範意識の説明にはこうある。

規範意識とは、道徳、倫理、法律等の社会のルールを守ろうとする意識のこと。しかし、規範、道徳、法律は、類似するものであるものの、必ずしも一致するものとは限らない。通常、法律の遵守は規範であると考えられるが、いかなる場合であっても法律を守ることが規範意識であるのかというと、違和感を覚える人もいるであろう(例えば、交通量の極めて少ない場所での信号無視や、保護者同伴の席での未成年者の飲酒、駐禁場所でのやむをえない一時駐車など)。

 

どう考えても360度見渡せる場所で、ポツンと信号があり、赤になった。人もいないし、遠くの方を見回しても車もいない。そういう時、人は本当に信号を守る必要があるだろうか。こういう時に働く『理性』を『規範意識』と言うが、これに従って人間は、アクションを起こすことがある。

 

情熱:問答無用の行動エネルギー源だ。イギリスの詩人、アレキサンダー・ポープは言った。

 

夢や理念を燃やすのも、信念、信仰に生きるのも、好きなあの人に勇気を持って告白するのも、全てこの『情熱』が生み出す行動である。

 

希望キング牧師はこう言い、

 

ルターはこう言った。

 

『明日』のことなどわからない。『最後』のことなど知る由もない。しかし、だからといってそれがこのたった一度の人生を、くよくよと下を向いて生きる理由にはならない。我々は明日に希望を見出し、今日を全身全霊で生き、未来を切り開き、命を繋いでいく。『それしか出来ない』のではない。『それが出来る』のだ。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

 

関連する『黄金律

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

同じ人物の名言一覧

アリストテレスの名言・格言一覧