Contents

太宰治『学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。けれども、全部忘れてしまっても、その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が残っているものだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。けれども、全部忘れてしまっても、その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が残っているものだ。これだ。これが貴いのだ。勉強しなければいかん。』

 

勉強

 

土が積み重なって地層となるように、『知層』という発想で、知は、人に積み重なっていく。毎日積み重なっているから、かつて積み重ねたものがなんだったか、すぐには思い出せない。しかし、実はしっかりと蓄積されている。例えば私は数年間会わなかった妹と会ったときその歩く後ろ姿に、母の面影を感じた。これは非常に説明しづらいことで妹もそれを間違いなく『無意識に』やっていて私もそのどこが母親の要素を引き継いでいるのかを具体的に説明しづらい。

 

 

だが間違いなく面影を感じたのだ。それは、ちょっと下をうつむきながら歩くとか背中を丸めがちで歩くとかそういう、極めて絶妙な部分、態度、立居振舞から伝わったことだった。妹は確実に母から何かを学び、それを蓄積していた。

 

これを考えた時、自分が『覚えている、いない』とか、そういう表層的な、記憶的な話ではなく、もっと実質的な、記録、蓄積、構築といった部分で、要素として刷り込まれている。そういう印象を得るのだ。

 

意識が酩酊している人が車を運転して(それは絶対にダメだが)、気が付いたら、家に帰っていたということがある。自分が把握できる意識とは無関係の部分で、人は、確実に人生で触れたことを刷り込み、身体の一部として組み込んでいる。そう考えると、出来るだけ『優良な要素』を組み込むことがカギであることが、浮き彫りになるはずだ。

 

 

ただ、ケニアの初代大統領、ジョモ・ケニヤッタはこう言い、

 

アメリカの作家、ホイットマンは言った。

 

その『優良な要素』とは何も『エリート教育』のような、セレブ好みの上品な要素に限ったことではない。ジョモ・ケニヤッタやホイットマンの言う『敵視するべき対象』でさえ『優良な要素だ』ととらえることができる、高潔な心構えを育てたい。その心構えが身につかないのであれば、残念ながらそこにいる人は『優良な人』ではない。

 

優良

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

貝原益軒『(自分の)身に奉ずること薄きを倹約とし、人に奉ずること薄きを吝嗇(りんしょく)とす。』 ジョージ・エリオット『無知は大きな可能性の枠を与える。』 ロングフェロー『悲しめる心よ、落ちついて悔ゆるのをやめよ。雲の後ろには太陽が照っている。』

 

関連する『黄金律

『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。』

『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。』

同じ人物の名言一覧

太宰治の名言・格言一覧