『後悔したくない方』はこちら

ジョージ・ハーバート『世界の半分は、ほかの半分がどんな生活をしているかを知らない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

テレビやインターネットの力によって、この事実も少しずつ変化してきてはいる。だが、それでもまだまだ、この言葉の価値は廃れることはない。最近私が知った世界の驚きの慣習の中にも、『牛の首に穴をあけて血を噴出させ、それをハエのたかった容器に入れて飲む』とか、『結婚式の前に新郎が躍る』、『結婚式を3日連続で盛大に祝う』、『人の死を悪い事だと考えず、葬式をお祝いのように行う』等々、この日本の日常を淡々と過ごしているだけでは、決して辿り着かない新境地を、当たり前のように幼少期から植え付けられている、そんな環境で生活する人間の話を見た。

 

私の寿命がもし2000年だったら、必ず『世界一周』ではなく、『地球のすべて』を見て回り、その多様性を自分の目で見て確認し、一つの答えを導き出したい。既に日本の世界遺産は全て見て回り、世界の偉人の言葉とも向き合い、トラウマだったキリスト教を含めた、『四聖』に数えられる、

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

 

彼らの思想や言葉と触れ合い、大いなる『旅』を、私は楽しんでいるが、まだまだ伸びしろがあることを強く自覚している。それを調べたところで、旅をしようがしまいがどちらにせよ人は必ず死ぬが、どうせ死ぬなら、旅をして死にたい。そういう気持ちが、強く私の中で燃えたぎっているのである。人間は、儚く『意味』のない運命の下に生まれた。しかし、そこに『意志』でもって、それを繋いでいくという『意義』を見出した。それは人間の『意地』だ。私はその人間の意地が、大好きである。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ジョージ・ハーバートの名言・格言一覧