Contents|目次

ハインリッヒ・ハイネ『悪魔であるか、天使であるか其れは知らない。女に有っては何処で天使が始まり、何処で悪魔が始まるのかも判らない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

聖性と魔性の考え方はハイネのこの記事に書いたが、

 

『女に有っては』ということになると限定的になり、何の話をしているのかが、見えてこない。例えば、アダムとイブのリンゴの話も、別にイブから食べたという明確な記述はないと言うし、女だけがわからない、という限定的な事実は、正確性がないような印象を得る。ただ単によく女にだけ使われる『魔性の女』とか、そういうことなのであれば、女の魅力は、確かにその様な魔性的な要素があった方が『そそる』とか、そういう考え方があって、それについての話をしているのか、この言葉から考えるのは、ここまでが限界の様だ。

 

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ジョージ・エリオット『時に、勝利よりも価値のある敗北というものがあるのです。』 アルフレッド・ド・ヴィニー『素晴らしい人生、それは青年時代に考えたことが壮年になってから実現されることである。』 タレス『言葉が多いのは、才気の徴にはならない。』

 

関連する『黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。「内」にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧