『ヒト』を最適化しよう。

ジャック・ウェルチ『事業というものは、もっともらしい計画や予測を立てるから成功するのではない。現実に起こっている変化を絶えず追いかけてそれにすばやく反応するから成功する。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『事業というものは、もっともらしい計画や予測を立てるから成功するのではない。現実に起こっている変化を絶えず追いかけてそれにすばやく反応するから成功する。だからこそ事業戦略はダイナミック(動的)で、かつ先の読みがしっかりしていなければならないのだ。』

 

 

不易流行』とは、変えるべきところは変え、変えないべきところは変えない、という教え、戒め、心構え、教訓である。

 

ダーウィンはこう言い、

 

ナイチンゲールも、

 

と言い、名監督、小津安二郎は、

 

と言い、日本生命中興の祖、弘世現もこう言ったように、

 

ここから見えて来るのは『流行』という突如現れる『透明の龍』である。偉人たちは、この『透明の龍』の扱い方には厳重な注意が必要であると、警鐘を鳴らしている。扱い方を間違えれば、たちまちその燃え盛る火炎の火によって、大火傷することになる。しかし、うまくその龍を味方につけることが出来たのなら、その頼もしい龍の背に乗って、通常では考えられない距離を一気に突き進むことが出来るし、あるいはその龍が落とした、光り輝く黄金の玉を手にして、繁栄の喜びを味わうことが出来る。

 

頑なに自分の道を突き進む人間は、確かに意志が固くて筋がある。だが、彼らが揶揄する『流行』の正体が『透明の龍』だと知ったとき、彼らはそれにどう立ち向かうことを決断するだろうか。不易流行の説明を考えてもわかる様に、ダイナミック(動的)な部分があっても、それは『自分を曲げた』ことにはならない。私も『流行に乗る』というのはとても浅薄に見えるし、個性の埋没に繋がる様で嫌いだが、ドラゴンなら、味方につけるつもりだ。人間、自分の無力さを認められなくなった瞬間に、腐敗が始まっているのである。

 

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』 『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』

同じ人物の名言一覧

ジャック・ウェルチの名言・格言一覧