『ジャック・ウェルチの言葉』を自分のものにしよう!

ジョン・フランシス・“ジャック”・ウェルチ・ジュニアとは

アメリカ実業家。生誕1935年通称『伝説の経営者』。1935年、アメリカのマサチューセッツ州に生まれたジョン・フランシス・ウェルチ・ジュニアは、ゼネラルエレクトリックの元CEOで、1999年には経済誌「フォーチュン」において、20世紀最高の経営者に選ばれたほどの大実業家です。大学卒業後、ゼネラルエレクトリックに入社すると、33歳で同社の史上最年少のゼネラルマネージャーになり、1981年にはCEOに就任しました。ピーター・ドラッカーを信奉していた彼は、リストラやダウンサイジングといった手法を大胆に取り入れます。その手法は多くの経営者に取り入れられ、今もその経営術は参考にされています。

 

「人に自信を持たせることが私にできるなによりも重要なことである。自信さえ持てば、人は行動を起こすからだ」という言葉から、彼の抜きんでたリーダーシップをうかがい知ることができます。

メニュー

内省記事一覧