名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ダーウィン 名言/格言

ダーウィン

 

チャールズ・ロバート・ダーウィンとは(画像

イギリス自然科学者。生誕1809年。チャールズ・ロバート・ダーウィン(1809~1882年)は、進化論であまりにも有名な生物学者で、地質学者の面も備えていました。生物がどのようにして進化したのか、そして人間もまたその進化の一端で生まれてきたという考えは、それまでの「すべての生物は神によって作られ、変化しない」という考えを根本から揺るがす衝撃的なものでした。「強いものが生き残る」とされる「自然選択の理論」は現在でも支持されている一方で、19世紀~20世紀には植民地支配を正当化させる論拠にされてしまった面もありました。

 

彼の人生の転機となったのが、20代の頃に乗船したビーグル号での旅行で世界各地で多様な自然や生物に触れたことです。とくに大きかったのが現在でも独自の生態系で知られるガラパゴス諸島での経験で、そのことから進化論の構想を練ったとも言われています。現在でも生物学では、この人は避けて通れないまさに巨人と言える存在です。

 

 

スポンサーリンク

 

ダーウィンの言葉

 

『自然淘汰とは、有用でさえあればいかに微細なものでも保存される原理である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

1859年に出版されたイギリスの博物学者チャールズ・ダーウィンは、『種の起源』で、On the Origin of Species by Means of Natural Selection,

>>続きを見る

 

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『適者』とは、適合していける者であり、生命体。例えば、昔に遡れば遡るほど、動物の図体は大きくなってくるが、現在に近づけば近づくほど、図体は小さくなっている。

>>続きを見る

 

『1時間を無駄に過ごすような人間は、まだ人生の貴重さを発見していない。』

 

カテゴリー:時間/運命

無限と有限。この二つの意味は、周知のとおりだ。では、人生はどちらか。その答えも、周知のとおりだ。だが、本当に周知されているだろうか。

>>続きを見る

 

『無知というのは、しばしば知識よりも確信に満ちている。科学によってこれやあれやの問題を解決することは絶対にできないと主張するのはきまって知識がない人である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

アインシュタインは言った。『宗教なき科学は不完全であり、科学なき宗教にも欠陥がある。』仏教は、『宇宙の外は虚無』と考えるし、

>>続きを見る

 

『愚者の実験が好きで、私は常にそれを行っている。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『愚者の実験』ということを考える前に、『賢者の実験』を考えてみる。すると見えて来るのは、極めて合理的で失敗のない、成功率の高い確実な実験像である。

>>続きを見る

 

『科学者は希望や愛情を捨てて、石の心を持つべきだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

何しろ、『生命は神が創った』という創造主論に立ち向かうには、そういう心が無ければ到底できることではない。今でさえ、その意見が対立するぐらいだ。

>>続きを見る

 

『原因を探求し続ける力が、人を発見者にする。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

例えば、『ちょうど10000回』スコップで穴を掘れば、そこには宝箱があるという状況があったとする。しかし当然、本人はそれを知らないのだ。知っていたら苦労などしない。本人が認知しているのはこうだ。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP