『ヒト』を最適化しよう。

ジャック・ウェルチ『余儀なくされる前に、改革せよ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

リンカーンは言った。

『不測の事態に備えよ。』

 

前始末』をしなければならない。そうでなければ、後始末に追われる末路を辿るだろう。どちらにせよ始末するなら、前にするのが賢明である。ファーストリテイリング社長、柳井正も、

『危機、災害は必ずやってきます。平時のうちに準備をして、パニックを起こさず、淡々とやっていく。危機の時代に必要なのは平時における準備です。』

 

と言っているが、余儀なくされる前に行えないのであれば、主体的とは言えない。主体的ではない人生は、反応的であり、スティーブン・R・コヴィーは、著書『7つの習慣』で、『主体者』と『反応者』の違いをこう断言している。

『率先力を発揮する人としない人との間には、天と地ほどの開きがある。それは、25%や50%の差ではなく、実に5000%以上の効果性の差になるのだ。』

 

 

『予測できる事態』など予測して当たり前だ。『不測の事態に備えよ』と言っているのだ。私がそれを出来ているかどうかは置いておいて、まず、当たり前かの様にそれを堂々と公言して、知らず知らずのうちに自分のものとしたい。それくらい力強くやっていかなければ、自分のものにすることは出来ない、と分かっているからそうするのかもしれない。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『後始末では遅い。前始末をせよ。』

同じ人物の名言一覧

ジャック・ウェルチの名言・格言一覧