『ヒト』を最適化しよう。

シモン・ボリバル『栄光とは命令することではなく、偉大な善徳を実践することである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

まず頭に浮かべたいのは、この言葉だ。

 

ニーチェは言った。

 

方向を与えることが、偉大な人間である。偉大な人間には当然、栄光が与えられている。栄光とは、『大きな名誉』の意味だ。

 

四聖』に数えられる、

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト、を

キリスト

ドイツ哲学者カール・ヤスパースは、『偉大な哲学者たち』の第一巻をこの四人にあてており、彼らを『人間の基準を与えた人々』とみなしている。基準を与えた、方向を与えた、彼らは歴史の中で、これからも燦然と輝き続けるのだ。

 

彼らがやったことは、『命令』だろうか。孔子は、今でこそ中国を代表する大学者や聖人とされているが、同時代人の多くからは、出来もしないことをしようとしている、身の程知らずや物好き扱いされていた(憲門第十四-四十)。ブッダも、カースト制度を否定したことで、バラモン教から白い目を向けられていた。ソクラテスやキリストなど、無実の罪で処刑されているのだ.。

 

ソクラテスは言った。

 

彼は、別に意見が多いことが、=正しいわけではないことを知っていた。だから自分が間違っていないということを、最後まで確信していたのである。そして最後にソクラテスは言った。

『お別れのときが来た。君たちは生きながらえるため、私は死ぬために別れるのだ。君たちと私のどちらがより幸福なのだろうか? 答えることが出来るのは神のみである。』

 

彼らは『上』にいて、『命令』していたというよりも、周囲の誤解を受けながらも、『偉大な美徳を実践した』という方が該当するのではないだろうか。立場にしがみつき、越権行為を働き、人に命令するのであれば、その辺にいる多くの人間が、成し遂げていることになる。果たして、『栄光(大いなる名誉)』に相応しい生き方をしている人間は、一体どのような人間なのだろうか。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧