『後悔したくない方』はこちら

シェイクスピア『慢心は人間の最大の敵だ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

慢心をするということは、『もうこれで十分だ。』と思っているということだ。あるいは、『俺様は全知全能だ』と、偉そうになってしまっているということだ。だが、偉そうな人に、偉い人はいない。人間が生む慢心という病で、例えば、何らかの整備士が機械の点検をおろそかにし、それに乗った人が転落して事故死してしまったとしよう。当然、その整備士は責任を問われる。だが、責任を取ることはできない。人の命は、たった一度きりなのだ。

 

転落

 

イチローは言った。

 

生きている限り、慢心することがあってはならない。キリスト教の7つの大罪で言えば、

 

キリスト

 

  1. 傲慢
  2. 強欲
  3. 暴食
  4. 色欲
  5. 怠惰
  6. 嫉妬
  7. 憤怒

 

仏教で言えば、

 

ブッダ

 

  • 執着

 

これらの負の感情に心を奪われ、支配されてしまってはならない。それに支配された姿は人としてあるべき姿ではなく、悔いの残る人生に繋がっているからだ。では、『一体いつになったらそれと闘う努力をやめて、楽になれるか』と質問する人がいるとしよう。

 

高杉晋作はこう言い、

 

御木徳近は言った。

 

『人としての努力』をすることがなければ、そこにいるのは『人』ではない。人間をやめたいのであれば、努力をやめればいい。努力して、創造していく間こそ、人生なのである。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』 『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』

同じ人物の名言一覧

シェイクスピアの名言・格言一覧